商売の酔いを醒ます場

最近また現場にも出ているせいか、おかげさまで何やら忙しい。

でも、現場に出ていると大事なことを思い出す。

それは、

『そこで現金(売上)が生まれている』ということ。

どんなに小さな会社でも経営者ならやるべきことはたくさんある。

経営のこと、

儲けを生み出す仕組みづくり、

将来を見据えた構想、

システム改善、

新規営業もそう。

これらは、どれもとても大事なこと。

でも、実際それらをしている時はお金は生まれていない。(1円にもなっていない!)

どれも将来お金を生むための行為(準備)なんだな。

経営者にとって想像の世界は天国。

現実味のない身勝手な妄想に酔って気持ちよくなれる。

でも、これに泥酔してしまったら、足元をすべらせてたちまち奈落の底に落ちてしまう。

その酔いを醒ますのが現場んだな。

小さな銭だが確実にチャリんちゃりんと懐に入ってくる感覚・・・

これって商売の基本なんじゃないかと思う。

カッコつけずにいること・・・

それって大切なものを見失わないための”究極の姿勢”なのかもしれないなぁ~。

そんなことを思う今日この頃です。

FullSizeRender (4777)

The following two tabs change content below.
久野 和人

久野 和人

代表取締役有限会社リボン
有限会社リボン代表。販売員を派遣するセールスプロモーション会社の経営と販売研修講師や接客実践指導、売場コンサルティングを全国で展開中。
無類の音楽好き。趣味は楽器を弾くこととバス釣り、読書、映画鑑賞。このブログでは、仕事や趣味などから日々気付かされることを書いていきたいと思います。
時には役立つことや元気を与えることもあるかも(笑)
興味のある人は気楽に見ていってくださいね。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket