非効率な力強さを得る

自分でホームページをつくるようになって約3年。

ようやく昨年秋あたりから自社ホームページからの問い合わせがグンと増えるようになった。

相変わらずデザインセンスのかけらもないものだけど・・・

ありがたいことです。

う~ん、でもやっぱり俺みたいな凡人は、ひとつのことをある程度ものにするには3年はかかりますね(苦笑)

まあ、ズブの素人だったし、それ専門にやってるわけじゃないからそれが普通かな?

ただ、一つ言えることは、すごく面倒なこの作業。

これを経ることで自分の言いたいことや自社の強みが整理できて、だんだん人に上手く説明できるようになってくるってこと。

説得力を持つっていうのかな?

経営の効率化でいうと、人・お金・時間を上手く使うために、こういうことは外部の専門家に任せた方がいいってことになるんだけど・・・

自分でやると効率的ではないけど、残るんだ。

お金では買えないものが。

ほら、独自のノウハウとか、生きる知恵とか、創造力ってどこか力強いでしょ?

どっかで習ってとか、いくらで買ってとか、そういうものとは明らかに違う”強さ”がある。

その”強さ”って、やっぱり経験(体験)なんじゃないかって思うんだよね。

現状を早く脱出するために効率を考えると絶対専門家に任せた方がいい。

だけど、「そこから何か得たい」とか、「他人任せにしたくない」っていうものに関しては、時間がゆるすものなら自分で取組むべきなんだな、たぶん。

それは、そこで得れる”本物の強さ”を無意識に自分が欲しがっている・・・

そんなサインなのかもしれないなって思う今日この頃です。

有限会社リボン5

The following two tabs change content below.
久野 和人

久野 和人

代表取締役有限会社リボン
有限会社リボン代表。販売員を派遣するセールスプロモーション会社の経営と販売研修講師や接客実践指導、売場コンサルティングを全国で展開中。
無類の音楽好き。趣味は楽器を弾くこととバス釣り、読書、映画鑑賞。このブログでは、仕事や趣味などから日々気付かされることを書いていきたいと思います。
時には役立つことや元気を与えることもあるかも(笑)
興味のある人は気楽に見ていってくださいね。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket