化石の常識

ウチの会社は基本的に食品の店頭プロモーション専門で事業展開していますが、ここ数年は食品販売以外の仕事の依頼が多々あります。

日用品や化粧品、栄養ドリンク、家電製品などの販売から、

展示会の仕事やイベント会社からの業務依頼まで毎月いろんなものが入ってくる。

ただ、最近は面白いことにそう言った他業種に触れることで、それまでの凝り固まった常識が一瞬で崩れるといった経験を何度もしています。

実際、やること(販売)自体はそれほど違いは感じなかったりするんだけど、

ルールや価格の決め方、

それぞれの業界の常識・・・

そういうのがあまりにも違っているっていうのが本音。

いい意味でも悪い意味でもちょっとショックな発見が多々ある。

同じことをやっていても肩書や形式が違うだけで得る金額が全く違っていたり、

見せ方だけで仕事の規模が違っていたり、

活動する場が変わるだけで業務の重要性(価値)が変わったり・・・  

今まで俺たちは一体何をやっていたんだ?って思うような。

なので、今まで持っていた化石の常識が崩壊しかかってます(苦笑)

単に異業種と情報交換するだけなら、「所詮うちの業界は違うから」とどこかあきらめがあったりするけど、

実際に体験すると違いますね、やっぱり。

でも、このタイミングでそれを感じれたことにホント感謝。

この秋の派遣法改正前にいろいろ手を打っていこうと水面下で動く今日この頃です(笑)

店頭プロモーション

The following two tabs change content below.
久野 和人

久野 和人

代表取締役有限会社リボン
有限会社リボン代表。販売員を派遣するセールスプロモーション会社の経営と販売研修講師や接客実践指導、売場コンサルティングを全国で展開中。
無類の音楽好き。趣味は楽器を弾くこととバス釣り、読書、映画鑑賞。このブログでは、仕事や趣味などから日々気付かされることを書いていきたいと思います。
時には役立つことや元気を与えることもあるかも(笑)
興味のある人は気楽に見ていってくださいね。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket