そいつは余計なものですか?

自分で事業をしていると経費の節減を考える時がある。

あなたが起業して間がない人だと、まだ精神的にイケイケ状態なので、そういうのはあまり考えないかもしれない。

でも、もうちょっと落ち着いてきて、通帳の残高が減っているのを見たり、業績が伸びなやんだり、売上が落ちてくると急に考え出したりする(たぶん 苦笑)

もう何年も経っている俺なんかは何度もボディーブロウを食らい、充分痛い目に合っているので随時チェックしたりする(笑)

まあ、攻めることも大事だけど守ることも大事ってことだね。

ただ、経費節減や効率化は大事でも、それを適応してはいけない部分もあると俺は思ってる。

たとえば、昨日届いた郵便物。

ウチの会社が利用している某サービスなんだけど、その会社から請求書が送られてきた。

その中にニュースレターが同封されていたんだな。

これ、読まない。 たぶん、他の人も。

金融機関や大手企業なんかの郵便物も、よくサービス案内やチラシなんかを同封してくるけど、まず読まない。

なぜか?

所詮、「ついで」 だからだ。

申し訳ないが、俺は忙しい。

たぶん、これを読んでいる他の人も忙しい。

そんな人は「ついで」に付き合っているほど暇ではないんだ。

関係性の濃い人から同封されてきた「ついで」ならかろうじて目を通すかもしれない。

でも、それほど関係性が濃いわけではない人の「ついで」の情報まで目を通すことはまずない。

経費節減や効率化を図ったつもりでも、これではそこに入れたニュースレターは死んでいるも同然になる。

いや、その紙代、印刷代、制作にかかった労力、時間・・・これらがすべて無駄になる。

この方がよっぽど経費の無駄遣いだ。

いつも事業はいかに利益を残すかが問われる。

でも、たとえ効率化できていても、それによって我がのことばかり優先したり、信用を無くしたり、関係性が薄れるようなことがあるならば、それはマイナスにはなってもプラスになることはない。

『急がば回れ』というように、省いてはいけないものもあるってことだよね。

ニュースレターだって、どうせなら時間と経費をかけてまでやるに値する内容のものを作らないと「ついで」で済ますようなものじゃなかなか効果は出ないものだよ。

手紙は『思いを届けるもの』。

これなくしては意味がないからね。 ホント。

FullSizeRender (25)

The following two tabs change content below.
久野 和人

久野 和人

代表取締役有限会社リボン
有限会社リボン代表。
関西で販売員を派遣するセールスプロモーション業務を運営する一方、販売研修や管理職研修、接客実践指導、起業家コンサルティングを全国で展開中。

食品、日用品など数百社1,000アイテム以上のプロモーションに携わり、その中には無名メーカーの商品をわずか1年半で全国シェアNo.1にするなど実績は多数あり。また、女性スタッフを専門とした育成管理歴は20年にのぼり、カリスマ販売員・女性リーダーを多数輩出する。

趣味は楽器(ベース)を弾くこととルアー・フライフィッシング、読書、映画鑑賞。

このブログでは、販売やマネジメントに役立つ情報や日常からいろいろ気付かされることを書いていきたいと思います。
興味のある人は気楽に見ていってくださいね。
久野 和人

最新記事 by 久野 和人 (全て見る)

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket