真似から始まるオリジナリティー

プロモーションや販促物を作るにしても、いいアイデアが浮かばない・・・こういったことを相談者から聞く事があります。

そういう時のいい打開策の一つに「真似をしてみる」というのがあるんですね。

実際に効果があったものを、自分の事業用に差し替えてみたりするんです。

これって意外に大事なことです。

「ズルイ」とか「そういうのはちょっとカッコ悪い」っていう方もいるかもしれませんが、実際やってみてください。

だいたい、どの分野でも世の凄いと言われている人のほとんどは最初は誰かのマネから入っていますから。

それに、やればすぐに真似るのは簡単なことではないことに気付きます。

そして、本気で真似ることに集中すると、自分との違いや新しい気付き、成功するポイント、成果が出る理由がどんどん明確に分かってくる。

これはスゴイ財産です。

真のオリジナリティもこういった気付きがあればこそ生まれてくるんですよね。

だから、真似ることを馬鹿にしていては、すごく勿体ない事になりますよ。

それでも、もしあなたが真似ることに気が引けるというのなら、この際「芸術的に真似てみる」ことをお薦めします。

中途半端じゃなく、そっこりそのまま。 本物もビックリの勢いで。

そこまでやったらオリジナルの作者もビックリしますし、必ずスゴイ発見が出てきますからね。

まずは何より自分が楽しんで実践者になることです。

それでしか、本当に得るものは見つかりませんからね。

IMG_8039

The following two tabs change content below.
久野 和人

久野 和人

代表取締役有限会社リボン
有限会社リボン代表。販売員を派遣するセールスプロモーション会社の経営と販売研修講師や接客実践指導、売場コンサルティングを全国で展開中。
無類の音楽好き。趣味は楽器を弾くこととバス釣り、読書、映画鑑賞。このブログでは、仕事や趣味などから日々気付かされることを書いていきたいと思います。
時には役立つことや元気を与えることもあるかも(笑)
興味のある人は気楽に見ていってくださいね。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket