テストされてます

ダボハゼって魚知ってるかな?

主に関西でそう呼ばれるらしくて、他のところではドンコとか呼ばれるらしいんだけど。

何でも手当たり次第に食いついて誰にでも簡単に釣れるから、あまり価値がない魚と釣り人の間ではいわれてるんだ。

まあ、それが由来で商売でも美味しそうな話や話題性のあるものにすぐ飛びつく人のことを「ダボハゼみたいなやつ」と言ういい方をするんだけどね。

ちょっとした上手い誘い文句にフラフラお金を払っちゃう。

俺なんて思い当たるフシが死ぬほどあるよ(苦笑)

そういう人って突き詰めていくと結局不安なんだよな。

今の自分に自信がない。

不足のものにばかり意識が行っちゃう。

だから、ちょっとしたひっかけのキャッチコピーにもついつい乗って行っちゃうワケ。

で、両手いっぱいいろんなもの抱えて持ちきれなくなっちゃう。

冷静に考えると中には必要のないモノもいっぱいあるのに;

挙句の果てには自分は何が大事なのかもわからなくなってくる。

俺、ずっとこんな感じだったんだよ。

まあ、そんなんじゃあ経営もままならなくて当然だよね。

でもね、失敗しまくった末に自分の中に軸ができ始めると不必要なものは持たなくなってくるんだ。

たとえば、先日もこんなことがあった。

最近ウチもホームページからの問い合わせが多くなったんだけど、その中でも結構有名な企業さんから大きめのプロジェクトの話があったんだよね。

ただし、それを取るには少し価格を下げる必要があったんだな。

依頼時期は閑散期だし、少々利益を削っても取りに行っていいかって頭をよぎったんだけど・・・。

結局お断りしたんだ。

数年前からウチは価格は下げないって決めてるから。

まあ、他のクライアントさんの手前もあるし、今まで安く受けて辛い思いを何度も経験したからね。

するとね、不思議なものでその1か月後に別のメーカーが同じ時期に同じくらいのボリュームの仕事を依頼して来たんだよ。

しかも定価で。

これね、経験してる人はわかると思うけど。

試されてるんだ。絶対。

ほら、昔話かなんかで沼に落ちた斧を神様が「あなたのはどっち?」って出すやつあるじゃない?

まさにあんな感じ(笑)

経営ってブレない軸とそれを守るための眼力(見極める力)がいると思うんだよね。

そうでないと自分だけじゃなく、お客さんにも従業員にも迷惑がかかるでしょ?

だから、いつもテストされてるんだと(笑)

まあ、ダボハゼ状態で何でもかんでも一人で抱え込んだり、不必要なものまで後生大事に持っているのっていうのはやっぱよくないね。

身動き取れなくなって、いざっていう時にチャンスを逃しちゃうからね。

本当に不安から解消されていんだったら、一番大事なものが現れた時にいつでもしっかりつかめるように常に片手くらいは空けておきたいなと。

どう頑張っても自分一人の力なんてたかが知れてるからね。

photo

The following two tabs change content below.
久野 和人

久野 和人

代表取締役有限会社リボン
有限会社リボン代表。販売員を派遣するセールスプロモーション会社の経営と販売研修講師や接客実践指導、売場コンサルティングを全国で展開中。
無類の音楽好き。趣味は楽器を弾くこととバス釣り、読書、映画鑑賞。このブログでは、仕事や趣味などから日々気付かされることを書いていきたいと思います。
時には役立つことや元気を与えることもあるかも(笑)
興味のある人は気楽に見ていってくださいね。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket