無理がない相手を探す

仕事柄いろんな相談を受けることがあるんだけど、意外と自分の扱う商品とターゲットが上手く一致していない・・・な~んていうことも多かったりする。

商品って、まず「価格」「品質」「サービス」それぞれの面で他と違いが出てくるんだ。

そこでひとつ言えることは、消費者に対して、この3つを同時に最高レベルで提供するというのはありえないってことなんだよね。

例えば、どこよりも優れた原材料を使って、比類のない高度なサービスで、他よりも最高に安い価格で提供できる・・・なんてことはないわけです。

そういうのを謳っているところもありますが、実際は無理がある。

要は、それぞれ特徴というものがあって、それに見合うターゲットに提供しないとビジネスは成り立たないってことです。

でも、とにかく売上を上げたいからといって、自社製品を客層やポリシーが全く違った店舗に流通したり、媚びへつらって値下げしたりしていると、どんどんおかしくなってくる。

その商品を買う気があって、実際買える人はどこにいるのか?

それはどんな人なのか?

どういうところで困っているのか?

どこに集まるのか?

どうゆう習慣を持っているのか?

そういう人は、こういったことを再度点検してみることも必要になってくるんじゃないかなと思います。

そしたら・・・

意外と自分が既成概念にとらわれすぎていて、見落としている層があったりするかもしれませんよ。

そして・・・

それが、すごい市場になったりすることも、ビジネスでは多々起こっていますからね(笑)

ご用心、ご用心っと。

8189bb70

The following two tabs change content below.
久野 和人

久野 和人

代表取締役有限会社リボン
有限会社リボン代表。
関西で販売員を派遣するセールスプロモーション業務を運営する一方、販売研修や管理職研修、接客実践指導、起業家コンサルティングを全国で展開中。

食品、日用品など数百社の店頭プロモーションに携わり、その中には無名メーカーの商品をわずか1年半で全国シェアNo.1にするなど実績は多数あり。また、女性スタッフを専門とした育成管理歴は20年にのぼり、カリスマ販売員も多数輩出する。

趣味は楽器(ベース)を弾くこととルアー・フライフィッシング、読書、映画鑑賞。

このブログでは、販売やマネジメントに役立つ情報や日常からいろいろ気付かされることを書いていきたいと思います。
興味のある人は気楽に見ていってくださいね。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket