寒い冬にしか実をつけない草もある

仕事でも嫌なことや辛いことが続くと人間誰しも腐りそうになる。

ただ、自分の経験からいうと、そういう時にしか実にならないことって確実にあるんだよね。

で、またそれがその後の大きなターニングポイントになっていたりするんだ。

たとえばウチの場合、営業活動では「ターゲットを絞ること」や「ニュースレターの活用」を習得でき、そのことで展開が大きく変わった。

また、個人の販売では「商品プロデュースの考え方」や「ラポール(お客様との信頼関係)の形成の仕方」が理解できたことで売上を伸ばすことができた。

これらは真剣に悩み、揉まれたことで実を結んだって例ですね。

聞くところによると人のバイオリズムというのは螺旋状に上に伸びていて、誰でもいい時と悪い時というのがあるらしい。

でも、螺旋状に上に伸びているなら、自分で悪いと思う時も実はゆるやかに上昇しているってことなんだよね。

だから、悪い時でも油断できない。

むしろ長い間悩んでいることの突破口はそういう時にしか見つけられなかったりするもんなんだよね。

植物でも厳しく寒い冬にしか実をつけないものがある。

そういった植物は厳しい寒さのおかげで締まったしっかり実が出来る。

人間も同じ。

辛く厳しい環境で頑張っていると確実なノウハウが身に着く。

そして、その実を作る栄養分は人間の場合、実は「真剣に悩むこと」だったりする。

だから、そう考えると上手く行かない時もまんざら捨てたもんじゃないんだな。

しっかりした実を作るためには、寒い時期も必要だってことです。

今がそういう時期だって人はしょうがない。

もう、この際思いっきり悩んじゃいましょう(笑)

きっと、素晴らしい実がなりますからね。

1d7d2d90a5edc682149081485033ae49

The following two tabs change content below.
久野 和人

久野 和人

代表取締役有限会社リボン
有限会社リボン代表。
関西で販売員を派遣するセールスプロモーション業務を運営する一方、販売研修や管理職研修、接客実践指導、起業家コンサルティングを全国で展開中。

食品、日用品など数百社1,000アイテム以上のプロモーションに携わり、その中には無名メーカーの商品をわずか1年半で全国シェアNo.1にするなど実績は多数あり。また、女性スタッフを専門とした育成管理歴は20年にのぼり、カリスマ販売員・女性リーダーを多数輩出する。

趣味は楽器(ベース)を弾くこととルアー・フライフィッシング、読書、映画鑑賞。

このブログでは、販売やマネジメントに役立つ情報や日常からいろいろ気付かされることを書いていきたいと思います。
興味のある人は気楽に見ていってくださいね。
久野 和人

最新記事 by 久野 和人 (全て見る)

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket