真逆の主張は羅針盤

ビジネスの情報を収集しているとよく真逆の主張にぶち当たることがある。

たとえば、

「ネットでの露出度を上げた方がいい。とにかく数だ!」という人と、「単に数を上げればいいものではない。数より質だ!」という人。

「デザインがいくら綺麗でも売れない。それよりも文章だ!」という人と、「見た目が悪いものでは信用がないから売れない」という人。

「やはり店舗は立地が大事」という人と、「店舗繁盛に立地は関係ない」という人・・・

まともに読んでいると、どちらかが嘘なんじゃないかと思ってしまう。

でもね、実はこれ。 どれもホントなんですよね。

要は、それだけいろんな成功パターンがあるってことです。

「ネットでの露出度を上げた方がいい。とにかく数だ!」って人は、すでにターゲットが明確で、もともと練らなくても高いクォリティーのノウハウを持っているので、あれこれ質の向上を考えるより、そのノウハウを頻繁にブログや動画でアップして露出度を上げた方がいいってだけのこと。

逆に、まだ自分(自社)の“売り”が見えない段階では、数打ちゃあ当たるってことも滅多にないので発信する質を上げましょうってことです。

そう、真逆の主張はその人の状況によって大事にしていることや感じることが違うってことです。

実際おのおのそれを主張している人はそのやり方で上手くいっていますから、嘘やデタラメではない。

私の周りにも真逆のやり方でそれぞれ成功している人がいますから。

ただ、そのやり方を選択した先に集まってくるお客様の層や質はそれぞれ違ってきます。

少し言い方は悪いですが、やり方やエサが違うと釣れる魚が違ってくるのは当然ですからね。

その状況が好きかどうかが選択する上で大事になってきます。

あと、気を付けたいのはいろんなノウハウがある中で、人をだますような方法だけは真似しない方がいいってこと。

やっぱ、人生長いですからね。

いくら儲けたいからっていってもそういうのはロクな結末にならないもんです。

ということで、真逆の主張が出てきた時は、

自分が好きなやり方かどうか?

自分の性格や生活(仕事柄)に合っているかどうか?

お客様の層や自分のプライベートも含めて、どこをゴールにしているのか?

それによって、さてどれを参考にしましょうかって話。

だから、“自分”を持つってことは大事。

でないと振り回されるだけになりますから。

真逆の主張との出会いって、自分を顧みる格好の機会なんじゃないですかね。

compass-vector-material_15-8782

The following two tabs change content below.
久野 和人

久野 和人

代表取締役有限会社リボン
有限会社リボン代表。
関西で販売員を派遣するセールスプロモーション業務を運営する一方、販売研修や管理職研修、接客実践指導、起業家コンサルティングを全国で展開中。

食品、日用品など数百社1,000アイテム以上のプロモーションに携わり、その中には無名メーカーの商品をわずか1年半で全国シェアNo.1にするなど実績は多数あり。また、女性スタッフを専門とした育成管理歴は20年にのぼり、カリスマ販売員・女性リーダーを多数輩出する。

趣味は楽器(ベース)を弾くこととルアー・フライフィッシング、読書、映画鑑賞。

このブログでは、販売やマネジメントに役立つ情報や日常からいろいろ気付かされることを書いていきたいと思います。
興味のある人は気楽に見ていってくださいね。
久野 和人

最新記事 by 久野 和人 (全て見る)

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket