商売の基本について

 

さて、今日は商売の基本についての話を。

 

基本的に僕は食品は自分の取引先のものを買うようにしてます。

すでに契約が終わっていてもそのメーカーの商品を買う。

近くのスーパーになければ、ちょっと離れたスーパーまで買いに行っています。

 

なぜ、わざわざ遠くまで高い商品を買いに行くの?って聞かれるんだけど、僕はそれが商売の基本なんじゃないかって思うんですよね。

 

 

だって、クライアントであるメーカーが儲かれば、それが自分の所に跳ね返ってくるんだから応援するのは当然だし。

 

もし、跳ね返ってこなかったらって?

 

それでも自分たちが手伝ったところが有名になればいいじゃないですか。

仕事に誇りが持てるでしょ?

 

 

もちろん、そこの商品を買うのは純粋に品質が高いってのもあるんだけど。

目先の小さな損得よりももっと大事なことがあるっていうかね。

 

 

スタッフには決して強要しないけど、こういうのは気持ちの問題だと思うんです。

それに、こういうことしてると不思議とツイてくるんだよね〜、実は。(これ大事)

信じない人はいいんだけど(^^;

 

見えないけど意外に繋がってますからね、世界は。

 

 

しかし、長年いろんな所と取引してるから、こと食品に関しては朝から晩まで全て取引先の商品でまかなえる。

 

いい商品に囲まれて幸せだなと思う今日この頃です(^^;

 

 

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

The following two tabs change content below.
久野 和人

久野 和人

代表取締役有限会社リボン
有限会社リボン代表。
関西で販売員を派遣するセールスプロモーション業務を運営する一方、販売研修や管理職研修、接客実践指導、起業家コンサルティングを全国で展開中。

食品、日用品など数百社1,000アイテム以上のプロモーションに携わり、その中には無名メーカーの商品をわずか1年半で全国シェアNo.1にするなど実績は多数あり。また、女性スタッフを専門とした育成管理歴は20年にのぼり、カリスマ販売員・女性リーダーを多数輩出する。

趣味は楽器(ベース)を弾くこととルアー・フライフィッシング、読書、映画鑑賞。

このブログでは、販売やマネジメントに役立つ情報や日常からいろいろ気付かされることを書いていきたいと思います。
興味のある人は気楽に見ていってくださいね。
久野 和人

最新記事 by 久野 和人 (全て見る)

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket