ニュースレターで効果を出すために必要なこと【セミナー告知】

 

こんにちは。「販売はライブだ」の久野です。

 

唐突ですが、

 

ニュースレターを発行して1年で売上205%、粗利益121%アップ。リピート率は98.1%を達成・・・

これが今から12年前に僕が経験したことです。

 

その1年間、発行したニュースレターにはいっさい商品やサービスの宣伝は掲載していません。

さて、一体、何をしたと思いますか?

 

 

どんな媒体でもそうですがニュースレターって、ただ一生懸命書いて発行しているだけでは経費と労力がかかるばかりで、イマイチ効果は出ません。

挙句の果てには、「こんなの意味ないや」とすごい可能性を持っていることに気付くことなく、途中で投げ出してしまいがち。

 

 

実は、ニュースレターで効果を出すにはあることが必要です。

 

 

もちろん、ターゲティングやキャッチコピー、書く内容もしっかり考えて実行することも大事です。

ただ、それだけでは爆発的な効果は出ません。


でも、ポイントがブレることなく継続した場合・・・そこには、すごい結果が待っています。

(現に僕は、その後継続することで全く営業することなしに今でも口コミと紹介で新規客が増えています)

 


さて、先日告知した来年の2/12に東京池袋で開催する「売れる一番化セミナー」は、現時点での僕の総決算という意味で、過去に経験したそういったことについてもすべてお話ししたいと思っています。

(参加者の方には、ニュースレターの実物もプレゼント致します)

 

 

「ひとつの突破口がビジネスの大きな成果につながる」


研修やコンサルをやる中で、これは僕がいつも感じていることです。

 


ピンときた方は、是非この機会にセミナーに来て下さい。

久々の東京でのセミナー、当日あなたにお会いできるのを楽しみにしています。

 

詳細はこちらをクリック

 

 

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

The following two tabs change content below.
久野 和人

久野 和人

代表取締役有限会社リボン
有限会社リボン代表。
関西で販売員を派遣するセールスプロモーション業務を運営する一方、販売研修や管理職研修、接客実践指導、起業家コンサルティングを全国で展開中。

食品、日用品など数百社の店頭プロモーションに携わり、その中には無名メーカーの商品をわずか1年半で全国シェアNo.1にするなど実績は多数あり。また、女性スタッフを専門とした育成管理歴は20年にのぼり、カリスマ販売員も多数輩出する。

趣味は楽器(ベース)を弾くこととルアー・フライフィッシング、読書、映画鑑賞。

このブログでは、販売やマネジメントに役立つ情報や日常からいろいろ気付かされることを書いていきたいと思います。
興味のある人は気楽に見ていってくださいね。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket