【お知らせ】書籍発売開始しました!

 

こんにちは。「販売はライブだ」の久野です。

 

さて、8月に電子書籍を発売した「売れる店頭は何が違うのか? 思わず買ってしまう集客販売の極意」ですが、この度ようやく紙の本(オンデマンド)も発売されることになりました。

 

 

電子書籍発売以降、「(紙の本は)どこで買えるのか?」、「いつになったら買えるのか?」、「もう売っていないのか?」などありがたい問い合わせも受けていましたが、一部加筆や修正を行ったこととアマゾンでトラブルがあったため、かなり紙の本の発売が遅れました。

申し訳ありませんでしたm(_ _)m

 

ということで、興味のある方は是非この機会にお求めください。

 

ちなみに、どんな内容の本なのか・・・
以下、本書の「はじめに」の部分をここに抜粋しますね。

 


 

2007年、冬。
私はある疑問を抱いていました。

それは、「売れる商品と売れない商品の違いはどこにあるのか?」ということでした。

弊社は当時から、こだわりの食品を中心にスーパー・量販店で店頭販売を請け負う事業を展開していたのですが、同業種・同品種が溢れ、価格競争が激化する中、どれだけ品質が良くても、それだけではモノは売れないということを日々痛感していました。
また同時にその一方で、品質はそれほど良くなくても高く売れている商品や、知名度が低くても売れている商品があるのも、目のあたりにしていたのです。

 

一体、なぜそういったことが起こるのか?
どうすれば、お客様を買う気にさせることができるのか?
どうすれば高くても売れるようになるのか?
そういった疑問を解消すべく、ある時から私の店頭探求は始まりました。

経営のかたわら、週末はみずからいろんな店頭に立って情報を収集。その都度、販売をしながら即席でPOPを作成するなどして、コツコツと販売促進(以下販促)の実験を繰り返しました。

また、セット販売やお試し販売、その他イベントの企画など様々な販売方法にたずさわる機会を得たことで、いろんな状況でそれらを実践、検証し、一つひとつノウハウを積み上げていったのです。

 

すると、ある時をさかいに『消費者心理(ショッパー心理)』がわかるようになりました。
その結果、POPだけで通常の陳列時よりも何十倍も売上が上がったり、たった2時間のお試し販売でブースに商品がなくなったりするほどの結果を得ることができるようになりました。そして、気が付いた時には自社でプロモーションに携わった商品が全国シェアNo.1になるなど、多くの功績を収めるまでになっていたのです。
また、そこで得た販促ノウハウを応用することで、自作のホームページからは年間100社以上の問い合わせをいただけるまでになった他、リピート率98.1%を獲得する広告手法まで生むことができ、一気に会社経営を加速させるまでになりました。

これには本当にビックリ。
まさに、一事を持って万端を知る。
「モノを売る原点は店頭にあり! 店頭を制する者はすべてを制す」です。

おかげで数年前は店頭の一販売員だった私も、今では大手をはじめとする全国の企業研修や、東京ビッグサイトなどの会場で、数百名を前に講演をするまでになりました。

 

この本ではそんな私の原点にもなっている店頭販促について、詳しく書くことに挑戦しています。

店頭とはどんな性質を持った場所なのか?
そこでの消費者の心理は?
どういう考えで販促に取り組めば成功するのか?
どういう点に注意すれば売れるのか?
売れるPOPとは?

そういったことを机上の空論ではなく、私の体験をもとに実例を挙げ、できる限りわかりやすく解説してみました。

 

流通、卸売業、小売業はもちろん、どれも様々な商売で活用できるものばかり。
気軽に取り組んでもらえる内容になっています。

 

いかがでしょう。

今、これを読んでいるのも何かの縁。
ぜひ、この機会にあなたも店頭という小さな窓から世界をのぞいて、売れるヒントを見つけてみませんか?

きっと、心に眠っている成功の種が芽吹くと思いますよ。

この本があなたの成功の礎となりますように。

 


 

以上です。

是非読んでみてくださいね。 では。

 

※この本はアマゾンでのみ購入できます。
興味のある方は下記のバナーをクリックして確認してみてください。

The following two tabs change content below.
久野 和人

久野 和人

代表取締役有限会社リボン
有限会社リボン代表。販売員を派遣するセールスプロモーション会社の経営と販売研修講師や接客実践指導、売場コンサルティングを全国で展開中。
無類の音楽好き。趣味は楽器を弾くこととバス釣り、読書、映画鑑賞。このブログでは、仕事や趣味などから日々気付かされることを書いていきたいと思います。
時には役立つことや元気を与えることもあるかも(笑)
興味のある人は気楽に見ていってくださいね。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket