井戸を掘るから潤う【起業家マーケティング】

「資本力のない小さな会社は広く浅くでは成功できない」

これ、良く聞く経営ノウハウですが、いざ自分で事業を手掛けると、ついつい手を広げてしまいがち。

もう、欲や不安がそうさせるんだよね。

俺も起業して間もない頃はこれにもれることなく、勇猛果敢にいろいろトライしてたよなぁ(しみじみ 苦笑)

でも、途中からは「下に掘る」方法に変えたんだよね。

あれこれやらずに「せまく絞って特化(専門化)する」ってこと。

これ、言うのは簡単ですが、実際決断するのには勇気がいるんです(苦笑)

でもね・・・

やればわかるけど、やっぱり上手く行くんだよね。この方が。

なんでか?

まず、「手を広げない」というのは、今まで自分がやってきたことに絶対の自信をもてないとできない。

もし現在まだ自信がないっていうなら、今からでもそれをさらに徹底的に追求する(極めていく)しかない。

だから、自ずと深く深く下に掘る。

不安を消すためにさらに深く深く深く・・・。

そうしたら、ある時誰も到達しない域に達するんだ。

で、気が付いたら、そこにプロフェッショナルさや独自の強み(個性)が見えてくるんだよね。

つまり、そこまでいくとお客さんや同業から見ても価値が明白になってるわけ。

人間、渇いている状態を潤すには井戸がいるよね?

そのためには足元を深く掘る必要がある。

そして、深く深く掘っていくと、自分だけの水源にぶち当たる。

で、実はそれこそが自分の渇きを潤すことができる唯一の水なんじゃないかと思うんだな。

大体「自分らしく成功したい」とか、「ストレスのない楽しい人生を送りたい」っていう人には、これは絶対必要だからね。

ということで、今年は私もまたさらに深く深く足元を掘ることを決めたので徹底したいと思います。

粘土盤があろうが、でっかい岩が眠っていようが、とにかく掘る。

さらに純度の高い水源を求めて。

さあ、頑張りますよ(^-^)

img_0

人間、いい時もあれば、悪い時もあるさ。

だけど、どんな時も目いっぱい楽しまないとね!!  んじゃ、また。      

by   イッキューひさの

The following two tabs change content below.
久野 和人

久野 和人

代表取締役有限会社リボン
有限会社リボン代表。販売員を派遣するセールスプロモーション会社の経営と販売研修講師や接客実践指導、売場コンサルティングを全国で展開中。
無類の音楽好き。趣味は楽器を弾くこととバス釣り、読書、映画鑑賞。このブログでは、仕事や趣味などから日々気付かされることを書いていきたいと思います。
時には役立つことや元気を与えることもあるかも(笑)
興味のある人は気楽に見ていってくださいね。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket