自分では気付けない不調の原因

昔いろんなお店で販売していた時に注意していたことがある。

それは「いかに好調を維持するか」ということ。

まあ、よくあるゲンを担ぐってこともやったし、お店につくまでの気分の高め方を考えたり・・・

いろいろやりましたけどね(笑)

でも、実際好調を保っている時って、毎回「新しいことにトライしている」・・・こういう姿勢がある時じゃないかと思うんだよね。

不調に陥る時って、マンネリ化してきているっていうのが原因になることが結構あるんだ。

人間だから、毎日機械みたいに同じことをしていると飽きてくる。

こういう場合、自分でも気づかないうちに思考回路が停止してしまってるんだよね。

それを打破するには、自分で考えて刺激を与えたり、いかに工夫をするかが大事になってくるんだな。

俺も当時は同じ商品を同じ系列の販売店で売ることが多かったから、気を付けないとすぐに飽きることになっちゃう。

だから、よくその日によって自分に課題を持って臨んだり、商品の並べ替えをすることで売れ行きを観察したり、食品ならば試食サンプルの作り方に工夫をすることなんかで新鮮さを保つようにしていたんだよね。

傍から見てる人には何も変わってないように見えるだろうけど、そんなのはどうでもいい。

要は人間新鮮さがなくなるとワクワク感がないんで、接客だとモロにそれが相手に伝わってしまうんだよ。

これはやったことのある人にしかわからないだろうなぁ。

だから、今自分でも不調の原因がわからないって人は、ちょっといつもと変わったことをしてみるのもいいんじゃないかと思うよ。

それが、直接作業に関することじゃなくても、たとえば髪型を変えるっていうのでもいい。

とにかく何か自分に刺激を与えてやる・・・それがいいと思うんだよね。

単に気分の問題って言えばそれまでだけど、その気分の問題って実は大きいからな。

所詮、人間なんてみんな気分で行動してるからね。

単純に気分がいいといい行動につながるから。

だから、お客さん以上に自分に気を使ってやるってことは実はすごーく大事なんだよ。

不調の原因って「自分を大切にできていない」ってこともあるかもしれないからね。

気をつけなきゃね。

FullSizeRender (36)

人間、いい時もあれば、悪い時もあるさ。

だけど、どんな時も目いっぱい楽しまないとね!!  んじゃ、また。      

by   イッキューひさの

The following two tabs change content below.
久野 和人

久野 和人

代表取締役有限会社リボン
有限会社リボン代表。
関西で販売員を派遣するセールスプロモーション業務を運営する一方、販売研修や管理職研修、接客実践指導、起業家コンサルティングを全国で展開中。

食品、日用品など数百社の店頭プロモーションに携わり、その中には無名メーカーの商品をわずか1年半で全国シェアNo.1にするなど実績は多数あり。また、女性スタッフを専門とした育成管理歴は20年にのぼり、カリスマ販売員も多数輩出する。

趣味は楽器(ベース)を弾くこととルアー・フライフィッシング、読書、映画鑑賞。

このブログでは、販売やマネジメントに役立つ情報や日常からいろいろ気付かされることを書いていきたいと思います。
興味のある人は気楽に見ていってくださいね。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket