ホットミルク

この間「馬に乗れ!」って記事を書いたけど、そういう俺だって出逢う現象に何でもかんでもファイティングポーズを取るかっていうと・・・そんなことはないんだよね(笑)

以前の記事はこちら → 「成功したいなら馬に乗れ!」

むしろ、“逃げるが勝ち”っていうことも多い。

特に、「生理的に受け付けないもの」。

こういうものはまともに取り合わない。 さっさと逃げるに限る

たとえば、どうしても食べれないものがある。

俺の場合、・・・「ホットミルク」。

「何で、あんな美味しいものが・・・」なんて言われてもしょうがない。

嫌なものは嫌なんだ。

とにかく匂いがダメ。

半径3m以内に近づくことは絶対に不能。

おまけに何だあの表面の膜は?

キショイにもほどがある(あー、思い出しただけでも気持ち悪い;)

同様に他の食べ物でも乳製品の匂いバリバリのものは無理。

何と言われようと、どう逆立ちしたって、無理なものは無理なんだ。

それを強引に克服しようなんて・・・

ハッキリ言う。

そんな努力をする時間があるなら、もっと別のことに力を注ぐべきだ(笑)

好き嫌いしないなんて努力は学校教育までで終了。

大人になったら自分の適性に合わせて動く方がよっぽど大成する。

仕事でもそう。

もし、就職した会社がどうしようもなく全然自分に合わない仕事しかなかったり、どう頑張っても共感できる仲間や尊敬できる上司がいなかったり、毎日無意味にいじめられる・・・そんな会社ならさっさと辞めた方がいい。

また、自分で事業をしていても同じ。

無理難題ばかり言ってくる取引先やプライドのかけらもない仕事ならできるだけ関わらない方がいいと思う。

そんな努力をするなら、一時損をしても、別のもの探す努力をした方がいい。

俺はそう思うな。

だって、世界は広いから。

働く場所だって、そこだけじゃない。

地元から、日本全国。そして世界まで。

視野を広げたら選べないほど無数にある。

取引先だって、そうなんだ。

自分で決めつけてるんだよ。

目の前のもの見て、「それしかない」って。

でも、しがみつくとロクなことがない。

視野が狭くなると物事を正確に判断できなくなっちゃうんだよ。

ドメスティックバイオレンスで苦しんでる人が、「この人しかいない」って言ってるみたいなもの。

そういう人は、再チャレンジや未知の世界に飛び込むのがコワイだけなんだ。

苦労してせっかく入社したのにとか、今までの学歴(実績)がもったいないとか、そんなもんどーでもいい。

嫌な想いしてんのに、過去のことばっか大事にしてどーすんの。

食ってみてダメなら、さっさと吐いて、口直しに別のもの食べなきゃ。

食わず嫌いじゃないからね。

一度は食べて判断してんだから。

やれ「栄養が・・・」、「お金が・・・」って、つまらないこと言ってる間に、ストレスで病気になっちゃうよ。

大丈夫。 ホットミルクが飲めなくったって死なないから(笑)

さっさと違うモノで栄養取りましょって話です。

camera5100276

人間、いい時もあれば、悪い時もあるさ。

だけど、どんな時も目いっぱい楽しまないとね!!  んじゃ、また。      

by   イッキューひさの

The following two tabs change content below.
久野 和人

久野 和人

代表取締役有限会社リボン
有限会社リボン代表。
関西で販売員を派遣するセールスプロモーション業務を運営する一方、販売研修や管理職研修、接客実践指導、起業家コンサルティングを全国で展開中。

食品、日用品など数百社1,000アイテム以上のプロモーションに携わり、その中には無名メーカーの商品をわずか1年半で全国シェアNo.1にするなど実績は多数あり。また、女性スタッフを専門とした育成管理歴は20年にのぼり、カリスマ販売員・女性リーダーを多数輩出する。

趣味は楽器(ベース)を弾くこととルアー・フライフィッシング、読書、映画鑑賞。

このブログでは、販売やマネジメントに役立つ情報や日常からいろいろ気付かされることを書いていきたいと思います。
興味のある人は気楽に見ていってくださいね。
久野 和人

最新記事 by 久野 和人 (全て見る)

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket