あなたにとってのお風呂の存在

.

昨日、『肥溜め』の話をしたので・・・(笑)

今日はお風呂の話を。

(昨日の投稿をまだ読んでない人は良かったらそちらも読んでね)

昨日の記事 → 「あなたも肥溜めに飛び込みます?」

1356675617

肥溜めもお風呂も必要必然

まあ、つまらない批判やヤッカミなんて普通に生きていたら誰でも一つや二つ付いてくる。

その汚れを体から洗い落とすのにお風呂は不可欠なんだよね。

批判やヤッカミを洗い落としてくれるお風呂とは・・・

それはつまり、あなたのことを認め、愛し、励まし、褒めてくれる人のこと。

そこでみんな癒されるんだな。

ほら、『テルマエ・ロマエ』っていう映画(漫画)がヒットしたよね。

観た人はわかるけど、あの映画でも古代ローマの人々が戦争で疲弊している時、戦場に大衆浴場を作ったことで戦士は療養でき、それが元で形勢を逆転させ、戦争に勝利するといったくだりがあったんだ。

どんなに強い人でも、ひたすら戦い続けて、勝ち続けるなんて所詮無理なんだよね。

だから、英気を養う「お風呂」の存在ってすごく大事だと思うんだ。

大体、それがある人は強い。

打ちのめされても、すぐに復活してくるから(笑)

また、活動する舞台が大きくなるほど『肥溜め』も増えるんで、『お風呂』もたくさん必要になってきたりする。

人気のある人は逆に批判も多いから。

励ましてくれて、支持してくれる人もたくさん必要なんだね。

だから、ファンは大事にしないといけないんだな。

ただ、その一方でお風呂に浸かり過ぎるってのも危険なんだ。

完全にのぼせちまって、前後不覚の腑抜けになっちゃう。

こうなったらもうチャレンジできないんだ。

そして、潔癖症もダメ。 これもお風呂に浸かり過ぎ。

1億円くれるっていっても肥溜めに飛び込めないからね。

イエスマンばかりの組織や傷のなめ合いしてる仲・・・

そういうのって、実は認めてくれてるわけでも、励ましてくれてるわけでも、褒めてるわけでも、愛してくれてるわけでもない。

本当のお風呂って、変に代償なんて求めてないよ。きっと。

まあ話がちょっとそれちゃったけど、とにかく「お風呂の存在」ってすごく大きいんだよってことです(笑)

自分も誰かの「お風呂」の役割りになれればいいなと思います。

The following two tabs change content below.
久野 和人

久野 和人

代表取締役有限会社リボン
有限会社リボン代表。販売員を派遣するセールスプロモーション会社の経営と販売研修講師や接客実践指導、売場コンサルティングを全国で展開中。
無類の音楽好き。趣味は楽器を弾くこととバス釣り、読書、映画鑑賞。このブログでは、仕事や趣味などから日々気付かされることを書いていきたいと思います。
時には役立つことや元気を与えることもあるかも(笑)
興味のある人は気楽に見ていってくださいね。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket