小さな実験のくせ 

最近、付加価値を高めるために新しいサービスを社内で模索中。

もう具体案があるので、あとは実際取り組むだけなんだけど・・・

今までの経験上、新しいことにチャレンジする時はまず小さな実験を何度か繰り返すようにしています。

思いつきの段階で「これはスゴイ!」と思ってもいきなり大きなコストをかけない。

気持は大きくなっているんだけどね。

「せこい?」・・・ん、せこいでしょ(笑)

でもね、散々痛い目に合ってきてるからね。いままで(苦笑)

できるだけ今手元にあるもので、それが本当に実践的かどうかいろいろ実験してみるように癖づけられてるんだな。 もう。

だから、傍から見たら何やってんだかわからないけど、普段から新しいことに対してちょこまかした行動が多いと思う。

まあ、起業して今までたくさん痛い目にあってきたから、そこからの学習として俺なりにセコセコいく理由がちゃんとあるんだ。

その1つは無駄な出費を避けるため。

そしてもう一つは・・・致命的な精神的ダメージを避けるため。 これなんだな。

無駄な出費はもちろん痛いんだけど、それ以上に痛いのは精神的ダメージ。

金額・労力・時間をかけて最初に大きな失敗をすると立ち直れない。

たとえそれがやり方によってはスゴイ可能性を持っていたとしても、前に進めなくなってしまう。

ようやく成功イメージが浮かんでいるのに、それで潰していたらもったいない。

無い物ねだりをする前に、それが手持ちの札でできないか、もう一度見直す。

それで最小限の出費で6割がたOKのものができたらモニターや利用先を見つける。

いいリサーチができたら、ここからGO!

そう、小さなチャレンジの連続。
この動きをどれだけ早くできるか・・・

この循環を大事にしてます。
そうすれば、たとえそれが企画倒れであっても知恵は確実につくからね。

そして、経験上その知恵は思わぬ別の場面で役立つことが多いんだよね。

ということで、今はいろいろ手持ちの札で実験中。

また、形になれば新しいサービスもこのブログで紹介しますね。

では。

IMG_7708

The following two tabs change content below.
久野 和人

久野 和人

代表取締役有限会社リボン
有限会社リボン代表。
関西で販売員を派遣するセールスプロモーション業務を運営する一方、販売研修や管理職研修、接客実践指導、起業家コンサルティングを全国で展開中。

食品、日用品など数百社1,000アイテム以上のプロモーションに携わり、その中には無名メーカーの商品をわずか1年半で全国シェアNo.1にするなど実績は多数あり。また、女性スタッフを専門とした育成管理歴は20年にのぼり、カリスマ販売員・女性リーダーを多数輩出する。

趣味は楽器(ベース)を弾くこととルアー・フライフィッシング、読書、映画鑑賞。

このブログでは、販売やマネジメントに役立つ情報や日常からいろいろ気付かされることを書いていきたいと思います。
興味のある人は気楽に見ていってくださいね。
久野 和人

最新記事 by 久野 和人 (全て見る)

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket