左から回そう

こんなに狭い国なのに日本には人口が1億人もいる。

だから、社会は右も左も人だらけ。

ただ、その人たち全員がこっちのことを好いてくれたり、気が合うなんてことはない。 話し合っても分かり合えないなんて人間はごまんといる。

まあ、どれだけ頑張っても、半分は理解してもらえないくらいに考えた方がいい。

万人受けなんて、ちゃんちゃらおかしいんだ。

だから、周りに自分のことを理解してもらえない人がいるからといって落ち込んだり悩まなくていい。

どれだけ自分で何とかしようとしても、無理なものは無理なんだ。

相手自身の好みの問題もあるんだから。

もし、右手の人とわかりあえないなら、その分左手の人と理解を深めればいい。

そしてその左手の人が、そのまた左手の人と理解を深める。

そうやってず~っとどんどんみんなが左手の人と理解を深めていけば、いずれ自分の右手にいた人も、ある人の左手に立つ時が来る。

そしたら、その人にも理解できる時は来るんだから。

大体、理解しあえないからといって、どちらも悪いわけじゃない。

何かの理由で心を開くことができなくなっただけ。

それをいがみ合ってもしょうがないじゃない。

人生は短いんだから。

もっと有意義に使わないと。

そんな時間があるなら、さっさと左の人と親交を深めようよ。

ストレス溜め込んでもロクなことはないよ。

せいぜいたいそうな病気になって不自由するぐらいじゃない?

大丈夫。

きっと、みんなどこかでつながっているから。

左に回そう。

左にね。

__ (8532)

The following two tabs change content below.
久野 和人

久野 和人

代表取締役有限会社リボン
有限会社リボン代表。販売員を派遣するセールスプロモーション会社の経営と販売研修講師や接客実践指導、売場コンサルティングを全国で展開中。
無類の音楽好き。趣味は楽器を弾くこととバス釣り、読書、映画鑑賞。このブログでは、仕事や趣味などから日々気付かされることを書いていきたいと思います。
時には役立つことや元気を与えることもあるかも(笑)
興味のある人は気楽に見ていってくださいね。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket