依頼を受ける基準

「仕事は自分で選んでいるように見えて、実は呼ばれているんだよ」・・・

そう言われるのは納税日本一の斎藤一人さん。

ん~、確かに。

これまで社会に出てから、一見何の脈略もないように思える業種を渡っていろんな仕事をやってきたけど、今になると過去の仕事が全部必要だったのがわかる。

そこでの体験と得た知識とセンス・・・それらが全部合わさって今の僕があるし、それが唯一無二のアイデンティティを形成しているんだよね。

ただ、だからといって目の前のものを何でもかんでも手を付ければいいってものではないように思う。

実は、先日もホームページを見た企業からコンサルの依頼が入ったんだけど丁重にお断りすることになった。

別にその仕事が嫌とか依頼元がどうとか、ギャラが安いとかそういうのじゃない。

専門分野でなかったし、自分のターゲットと違ったから。

それだけ。

販売と言っても、僕はネット販売に関するコンサルは専門じゃないからね。

まあ、ホームページも自分で作って仕事は全部そこから取ってるわけだし、SNSを使った集客法も知らないわけじゃないんだけど・・・

でも、やっぱり専門家ではないからね。

そこはプロに任せた方が依頼主が喜ぶと思ったんだな。

僕と同じような方法で集客をしたいっていう零細企業や個人事業主なら全然問題ないよ。

だけど、ある程度の規模の会社が本格的にお金かけて短期間で一気にやるならやっぱりその道の実績あるプロの方がいい。

そこでお金欲しさに「俺が、俺が」って出ていってもお互いのためにならないしね。

まあ、多少依頼が専門外でも「どうしても久野さんがいい」って場合は別だけど(笑)

その場合は「僕」というアイデンティティが必要ってことだからね。

何しろ『依頼主が喜ぶかどうか』。

それが今の僕の依頼を受ける基準になってます。

The following two tabs change content below.
久野 和人

久野 和人

代表取締役有限会社リボン
有限会社リボン代表。販売員を派遣するセールスプロモーション会社の経営と販売研修講師や接客実践指導、売場コンサルティングを全国で展開中。
無類の音楽好き。趣味は楽器を弾くこととバス釣り、読書、映画鑑賞。このブログでは、仕事や趣味などから日々気付かされることを書いていきたいと思います。
時には役立つことや元気を与えることもあるかも(笑)
興味のある人は気楽に見ていってくださいね。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket