恋は盲目 【仕事・人間関係における距離感】

ことわざに“好きこそものの上手なれ”というのがある。

確かに。 好きになるといつもそのことを考えるし、努力も楽しいものになるから、休みがなくても全然へっちゃらになっちゃう。

だから、勝手に上達しちゃうんだよね。


でも、そんな好きなことでもある時から急に伸びが止まっちゃうってこともある。


そういうのって大体が“惚れ過ぎ”が原因だったりするんだよね。


人と同じで物事にも上手く付き合うには、適度な距離感っていうのがあると思うんだ。

でも、あまりに惚れ込み過ぎると、もう盲目になっちゃってるから快適な距離感がつかめなくなってくるんだよね。

つまり、第三者目線がなくなってしまうんだ。

恋愛と同じだね。

最近セッションでもしようって昔のバンド仲間が言ってくれるんで、ベースの練習をするんだけどね。

10年前に気付けなかったことがボロボロ出てくるわけ。

もうホント目からウロコ状態。

「なんで俺は今までこんな簡単なことがわかんなかったんだ?」って。

以前は、気持ちが入り込み過ぎて気付けなかったんだね。

相手がまだ人間だと嫌がっているサインが出るから、何とか距離感を意識することもできるんだけど・・・、

それがこと仕事や趣味みたいな物事だったら、相手が「NO!」って言えないものだから自分の勝手な解釈で好き放題やっちゃうんだな。

気付いた時には、良かれと思ってやっていたことが、想いが熱すぎるせいで(周りの人やお客さんまで)やけどさせてるなんてことも・・・;

惚れ過ぎる人の傾向としては、あなたが思っているほどのものをお客さんは求めてなかったりってことが往々にしてあるからね。

遠すぎてもダメ。

近過ぎてもダメ。


望遠鏡も、眼鏡もピントが合っていなかったら何も見えない。

適度な距離感をつかむことって、ホント物事の上達への大事なノウハウなんだね。

俺も気を付けます。

__ (6277)

The following two tabs change content below.
久野 和人

久野 和人

代表取締役有限会社リボン
有限会社リボン代表。販売員を派遣するセールスプロモーション会社の経営と販売研修講師や接客実践指導、売場コンサルティングを全国で展開中。
無類の音楽好き。趣味は楽器を弾くこととバス釣り、読書、映画鑑賞。このブログでは、仕事や趣味などから日々気付かされることを書いていきたいと思います。
時には役立つことや元気を与えることもあるかも(笑)
興味のある人は気楽に見ていってくださいね。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket