その信号渡ります? 【起業からの教訓】

また、やっちまった・・・;

いかんね。 久々に悪い癖が出ちまったよ。

どうもせっかちなんだな、俺は。

昨日予定では遅くても16時には解放されて、そのあとは軽く1~2時間だけ釣りにでも行こうと思っていたんだよね。

でも、スケジュールがどんどん押してしまって結局予定が済んだのは16:50。

そこから出かけても、わずかな時間しか釣りはできないのはわかっているのに・・・。

こういう時は、また日を改めればいいんだけど・・・

行っちゃうんだな、俺は;

で、後悔する;

昨日も車をとばして、はじめていった場所は「釣り禁止」の立て札が・・・。

急いで別の場所に移動するも、山道なんで即暗くなって先がわからない状態に;

右往左往してウロウロするうちに、戻らないといけない時間になって・・・

結局、無駄にガソリンを使っただけに;

もうホント、バカみたい。

まあ、神様が「黄信号」くれてるのに無視するからこうなるんだな。

危険察知能力がないのも問題だけど、あるのにもかかわらず無視するのはもっと問題。

感情(欲望)がコントロールできないってことだからね。

大体、寂しさを紛らわせたり、見た目ええカッコがしたいがために、無駄にお金を使ってしまったり、

楽することに慣れてしまって、管理を放置してしまったり・・・

そういうのって、事前に心に「黄信号」が灯ってるはずなんだよな。

そして、それを無視するのは、いつも自分の都合のいい言い訳なんだよね;

全く、やんなっちゃう。

「赤信号」なら誰も判断ミスなんてない。

結果がハッキリしてるからね。

問題は天秤にかけられる「黄信号」。

これをどう解釈するか。

客商売や人の上に立つもんなら、自分の感情ひとつ冷静にコントロールできないなんて話になんないからね。

この時の判断って結構測られるんだよなぁ。

「黄信号」都合のいい解釈は事故のもと。

教訓にしたいね。

__ (6443)

The following two tabs change content below.
久野 和人

久野 和人

代表取締役有限会社リボン
有限会社リボン代表。
関西で販売員を派遣するセールスプロモーション業務を運営する一方、販売研修や管理職研修、接客実践指導、起業家コンサルティングを全国で展開中。

食品、日用品など数百社1,000アイテム以上のプロモーションに携わり、その中には無名メーカーの商品をわずか1年半で全国シェアNo.1にするなど実績は多数あり。また、女性スタッフを専門とした育成管理歴は20年にのぼり、カリスマ販売員・女性リーダーを多数輩出する。

趣味は楽器(ベース)を弾くこととルアー・フライフィッシング、読書、映画鑑賞。

このブログでは、販売やマネジメントに役立つ情報や日常からいろいろ気付かされることを書いていきたいと思います。
興味のある人は気楽に見ていってくださいね。
久野 和人

最新記事 by 久野 和人 (全て見る)

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket