利益を運んできてくれるものかどうか客観視する

2年前に患ったリューマチの状態もかなり良くなってきて、去年とは比べ物にならないくらいだけど、長く歩くとまだ足が痛んでくるんで靴だけは特性のウォーキングシューズを履いています。

これ、見た目的にはイマイチなんだけど足は超快適^^

この靴があるおかげで遠方のセミナー講演にも行けるし、旅行にも行ける。

僕にとってはすごく実用性があってたくさんの利益を運んでくれるありがたいものなんですね。

作ってくれているメーカーさんや取り扱ってくれている販売店さんにはホント感謝しています。

さて、話は変わりますが、この実用性のあるものを選ぶということ。

これ、

特にビジネスにおいては重要なことなんですね。

広告媒体一つ取ってみても、流行や見た目がよくても自分のビジネスに合わないものはあります。

このチョイスを間違えると利益に反映されません。

それどころか時間もお金も労力も全て無駄に使ってしまいます。

たとえば、

楽しくて、たくさん情報が集まるからといってFacebookに一生懸命投稿していても、

綺麗でカッコいいからといって大量にデザイン広告を印刷しても、

無料だし、流行っているからといってInstagramをはじめても、

それを、

どういう狙いで使うのか?

適切なやり方になっているか?

利益につながっているのか?

この確認(測定)はビジネスでは必須です。

こう言っている僕自身、起業して数年間は訳も分からず、実用性のないものにいろいろ手を出して、気がつけば膨大な時間とお金と労力を無駄にしました;

まあ、何事においても無駄はある程度必要なんですが・・・

あまり度が過ぎると致命傷になりかねませんからね。

純粋に遊びや趣味でやるのなら全然いいんですが、「みんなやってるから」、「誰かがいいって言ってるから」という理由だけで考えもなくやっていると見当違いの方向に行ったりすることもあるので気をつけたいところです。

今は便利な世の中です。

広告媒体はどれも素晴らしいものばかり、しかも無料でできるものもたくさんある。

ただ、自分のビジネスに合っているかどうかは別だし、やり方を間違ったままなら単なる徒労で終わってしまいます。

そうならないためにも定期的に数値化して客観視してみる。

そういう機会も是非持ってみてくださいね。

The following two tabs change content below.
久野 和人

久野 和人

代表取締役有限会社リボン
有限会社リボン代表。販売員を派遣するセールスプロモーション会社の経営と販売研修講師や接客実践指導、売場コンサルティングを全国で展開中。
無類の音楽好き。趣味は楽器を弾くこととバス釣り、読書、映画鑑賞。このブログでは、仕事や趣味などから日々気付かされることを書いていきたいと思います。
時には役立つことや元気を与えることもあるかも(笑)
興味のある人は気楽に見ていってくださいね。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket