弱くても勝てます

台風でぴゅーぴゅー風の音を聞きながら本を読むのも乙なもの。

今日はタイトルに誘われるまま先日買った本に魅了されてます(笑)

『弱くても勝てます~開成高校野球部のセオリー~』という本。

ご存知、東大進学率ナンバーワンの進学校である開成高校にある野球部の話なんだけど、これが何とも面白い!

進学校にありがちな、練習は週1回だけのキャッチボールもままならない超へたくそ集団。

「守備でのトンネルエラーは当たり前。エラーは伝統だから問題ナシ」、

「ピッチャーはストライクを投げるのが相手に対する礼儀」、

「バッターはいかなる局面でもノーサインでフルスイングせよ」・・・

など、通常では考えられない破天荒な野球。

でも、平成17年夏には東東京予選でベスト16にまで勝ち進んでいる。

しかも、単にまぐれじゃない。

なぜなら、勝ち試合はすべて7点差以上のコールド勝ち。

唯一、負けた相手は強豪校の国士舘高校というから驚きだ。

でも、読んでいくにしたがって監督や選手の発想にうならされる。

どうすれば弱者が圧倒的強者に勝てるか考えているんですね。

その発想が面白い。

当たり前のことなんだけど、弱者はまともに勝負してたら勝てない。

開成高校野球部はそれに対して真剣に考えた挙句、『どさくさに紛れて勝つ』という他にない戦法をひたすら磨き上げていました。(詳しくは買って読んでみてください)

いかに不利な状況でも、戦力が劣っても、

知恵を突き詰めれば突破口が開ける・・・

そういうことを笑いながら学べる良書でしたね。

開成高校にはその戦法でいつか本当に甲子園に行ってもらいたいなぁと思いました。

ビジネスマンや起業家にもおススメの一冊。

夏の甲子園でも見ながらお盆休みにでも是非ご一読ください!(笑)

The following two tabs change content below.
久野 和人

久野 和人

代表取締役有限会社リボン
有限会社リボン代表。販売員を派遣するセールスプロモーション会社の経営と販売研修講師や接客実践指導、売場コンサルティングを全国で展開中。
無類の音楽好き。趣味は楽器を弾くこととバス釣り、読書、映画鑑賞。このブログでは、仕事や趣味などから日々気付かされることを書いていきたいと思います。
時には役立つことや元気を与えることもあるかも(笑)
興味のある人は気楽に見ていってくださいね。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket