日常に隠れた世界を探しに行こう

何でも人間は五感を使って1秒間に20億個の情報を仕入れるという。

そしてその中から自分に関係あるもの・興味のあるものだけを意識の世界に残すらしい。

これはつまり、日頃から見落としている情報が山盛りあるってこと。

そして、同時に見えていない世界の方がはるかに大きいということになる。

うへぇ~、これってスゴイ事だ。

なぜって、これだとどれだけダメだと思う境遇でも実は何かしら打開策があるということになる。

既成概念に縛られた自分には見えないだけってことになるから。

すごいよね。

そうなると今度はいかにして既成概念をとっぱらうか・・・これが問題になってくる。

それにはやはり『自分とは違った感性(違う目)を持った人』、これが重要なキーを握ってくるだろう。

自分とは違った感性を持つ人

自分と違う価値を持つ人

自分とは違う世界で生きている人・・・

こういう人が見えない世界の扉の鍵を持っているんだな。

だから、

自分とは違った感性を持った人に会いに行く行動力。

そういった人達のいる環境に身を置く、もしくはそういう人を抱え込む勇気。

違った価値観を認める柔軟さ・・・

こういったことを取り入れられると今よりももっと世界は広がるってことになる。

いや~、凄い事や自分には無理と思っている生活も実は案外簡単なのかもしれないね。

日常に隠れた世界はすぐ隣にあっていつもじっと訪れるのを待ってる。

さて、あなたならどうします?

The following two tabs change content below.
久野 和人

久野 和人

代表取締役有限会社リボン
有限会社リボン代表。販売員を派遣するセールスプロモーション会社の経営と販売研修講師や接客実践指導、売場コンサルティングを全国で展開中。
無類の音楽好き。趣味は楽器を弾くこととバス釣り、読書、映画鑑賞。このブログでは、仕事や趣味などから日々気付かされることを書いていきたいと思います。
時には役立つことや元気を与えることもあるかも(笑)
興味のある人は気楽に見ていってくださいね。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket