比較の基準を自分に設ける

自分が嫌になることほど辛いものはない。

だって、誰にも責任を持っていけないし、自力でしか解決できないものだから。

でも、自分が嫌になる原因って他人との比較からはじまることがほとんど。

それも

すごくできる人と自分を比較していることが多いんだな。

そんなことしてたら、そりゃあ誰でも自分がダメに思えてくる。

それに他人軸だとどこまでいっても他人が主役だからね。

妬みや不安、怒り、焦りといったものも消えない。

結果的にストレスを抱えた毎日が延々に続くんだよね。

何を隠そう、以前の僕がそうでした。

常に誰かと比較していたり、競争していたり・・・

そんな毎日を送っていました。

きっと、不安だったんだろうなと思います。

(自分に自信がなかったのかな)

でも、ある時斎藤一人さんの本に、

「できる人と自分を比べていじめるんじゃなくて、

昨日の自分より進化している自分を褒めるようにするといいよ」

という言葉を読んで目からウロコが落ちたんですね。

そうか、評価基準を自分に持ってくればいいんだって!

昨日知らなかった情報を知って賢くなった自分、

昨日までできなかったことができるようになった自分、

昨日まで出かけることのなかった場所に出かけて新しい縁ができた自分・・・

そういう昨日より進化した自分を褒めてあげる。

そうすることで純粋に自分の進化だけにフォーカスできるわけです。

その上、つまらない情報に振り回されることもない。

同時に妬みも不安も怒りも焦りもみ~んな消えちゃうんですね。

これは僕には大きな発見でした。

他人と比較しているうちは歩んでいるのは「他人の人生」。

そこに本当の満足があるのか?

少なくとも僕はなかったですね。

僕には僕の夢がある。

それは他人と同じではない。

だとしたら・・・

他人と比較したり競争すること自体、無意味ということなんだよね。

今日も失敗もあったけど、新しく得たこともありました。

日に日に僕は進化しています。

自分の進化にフォーカスすれば、実は毎日が祝福の日なんですよね。

この事実がとっても大事。

日々忘れないように胸に刻んで生きていきたいなと思います。

The following two tabs change content below.
久野 和人

久野 和人

代表取締役有限会社リボン
有限会社リボン代表。
関西で販売員を派遣するセールスプロモーション業務を運営する一方、販売研修や管理職研修、接客実践指導、起業家コンサルティングを全国で展開中。

食品、日用品など数百社1,000アイテム以上のプロモーションに携わり、その中には無名メーカーの商品をわずか1年半で全国シェアNo.1にするなど実績は多数あり。また、女性スタッフを専門とした育成管理歴は20年にのぼり、カリスマ販売員・女性リーダーを多数輩出する。

趣味は楽器(ベース)を弾くこととルアー・フライフィッシング、読書、映画鑑賞。

このブログでは、販売やマネジメントに役立つ情報や日常からいろいろ気付かされることを書いていきたいと思います。
興味のある人は気楽に見ていってくださいね。
久野 和人

最新記事 by 久野 和人 (全て見る)

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket