「ハイハイ、降参です」 【起業家の心得】

仕事でも、趣味でも、全然調子が上がらないって時がある。

でも、真面目な人はそういう時でも無理して「頑張らねば」と先に進もうとしたりするんだな。
(意外に私もそういう人だったりします。見かけは別として;)

ただ、悲しいけど長い目で見たら、そういった時の努力は結果的に全然進んでないのと同じだったりすることも・・・。

いや、逆に後退するってことも少なくない。

だから、そういう時は思い切ってやめちゃうっていうのもアリかと思う。

だいたい調子が上がらないって時は、体調が悪かったり、精神的に病んでいたりすることが多い。

で、そういう時に頑張ると、何がまずいかっていうと・・・

発想が悪くなるんだよね。

つまり、未来が暗くなるような発想をしちゃうんだ。

これ、ホントたちが悪い。

実力がある人でも、変にクソ真面目だとこの暗い発想のせいで潰れてしまう人もいるんだ。

発想が不健全だと暗いもんばっか引き寄せるし、自分の潜在意識にも不必要に「ダメ人間」って植え付けることになっちゃうからね。

全くロクなもんじゃない。

だから、そういう時は同じ努力するのでも、気分をよくする事に努力する方がいいと思うんだよね。

もう投げちゃって、逃げちゃう。

一旦負けを認めてね。 「ハイハイ、私の負けです。降参です」ってね。

もうあとはさっさと気分転換に走っちゃう(笑)

寝るなり、遊ぶなり、デートするなり、自分の気分の良くなることして、余裕ができると冷静になれる。

そうなれば面白いものにも素直に笑えるし、人にも優しくできる。

暗いことは考えない。

そうなれば、再度トライ!

健全なものを引き寄せるし、光が見えてくる。

チャンスも来るし、人からも援助が来る。

だから、ちょっと無責任で不良ってくらいの感覚の方がいいのかもしれないね。

世の中で大成してるやつってそういうやつの方が多いし。

まあ、物事にストイックになるのはいいけど、

自分をダメにする真面目さには気を付けた方がいいんじゃないかってこと。

そいつはたぶん妄想が勝手に作り出した“偽善”だからね。

IMG_6919

The following two tabs change content below.
久野 和人

久野 和人

代表取締役有限会社リボン
有限会社リボン代表。販売員を派遣するセールスプロモーション会社の経営と販売研修講師や接客実践指導、売場コンサルティングを全国で展開中。
無類の音楽好き。趣味は楽器を弾くこととバス釣り、読書、映画鑑賞。このブログでは、仕事や趣味などから日々気付かされることを書いていきたいと思います。
時には役立つことや元気を与えることもあるかも(笑)
興味のある人は気楽に見ていってくださいね。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket