いい人材に囲まれた良い組織を作りたいなら

何かのきっかけである経営者の人と知り合った場合、その人から何を聞かされなくても一瞬で「あ~、この人はスゴイ人だな」と思う時があります。

それは・・・

その人の部下が素晴らしい人材だった時。

自分が管理職や経営者を長くやっていてとわかることのひとつに、

自分の器以上の人は雇えないってことがあります。

だから、その人のことを何も知らなくても、素晴らしい部下を持っているとそれだけでその人のレベルがわかるんですね。

一人では何もできないが・・・

会社という組織は多くの人数がいて成り立つもので、一人では何もできない。

そして、良い組織には優秀な人材がたくさんいて、それぞれが力を発揮している。

でも、それらを集める(束ねる)のはたった一人の人間・・・

経営者(管理職)の器次第なんですね。

だから、部下の不満を言っているのは、自分のレベルが低いということを証明しているようなものなんですよね。

(私なんぞはまだまだ『レベルLOW』もいいとこです;)

できる人材を雇いたい。

資質のある人を育てたい。

いい人材に囲まれたい・・・

そういうなら、何はともあれまずは自分の器を広げること。

それなしにどれだけ求人広告や人材紹介にお金をかけても無駄なんですね。

だって、企業とは読んで字のごとく。

”人を止める業(わざ)”ですからね。

日々これ精進です(笑)

conference-room-900x600

2015 12 13_HP 素材 01r

The following two tabs change content below.
久野 和人

久野 和人

代表取締役有限会社リボン
有限会社リボン代表。販売員を派遣するセールスプロモーション会社の経営と販売研修講師や接客実践指導、売場コンサルティングを全国で展開中。
無類の音楽好き。趣味は楽器を弾くこととバス釣り、読書、映画鑑賞。このブログでは、仕事や趣味などから日々気付かされることを書いていきたいと思います。
時には役立つことや元気を与えることもあるかも(笑)
興味のある人は気楽に見ていってくださいね。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket