”他者を意識した義務感”なんてクソ食らえ!【松坂大輔応援歌】

昨年、大きく話題にされながら全然活躍できなかった福岡ソフトバンクホークスの松坂大輔。

今年は肩の手術後、順調な回復のようでいい感じに仕上がっているとのこと。

関連記事 ソフトバンク松坂、好調すぎる悲鳴「止めて!!」

嬉しい。

ホークスファンだからというのではなく、『挫折から復帰してきた一人の人間』として応援したいし、期待している。

2014y12m10d_111231329-074a0

でも、松坂本人には周りの期待なんて全く無視してほしい。

上記の記事にも書いてあるけど、

「投げたいという気持ちを抑えてやるというのはいいこと。(昨年の)投げないといけないというのではないので。キャッチボールや遠投をしてもバテなくなった。投げるスタミナが戻ってきている」。他者を意識した義務感ではなく、本来の投げることが大好きな平成の怪物に戻っている。

目先の変な責任感なんてどうでもいいんだよ。

他人の評価なんてクソくらえだ。

自分が喜ぶやり方でないと失敗した時、誰かのせいにするし、悔いが残る。

人はそれぞれ使命を持って生まれてきてるんだから。

それに第一、楽しめない。

そんなんで幸せになるなんて無理だから。

経験も知識も、そして実績も十分な選手なんだから、

自分をもっと大事にしてほしいと思う。

言いたい奴には言わせておけ!

悪者? 上等じゃねぇ~か。

時にはヒール役もおもしろいもんだよ。

病気やけがで苦しんだ経験がある者として、結果がどうであれ、悔いは残さないでほしいし、目いっぱい楽しんでほしい。

『自分がない生き方』・・・

そんなのはカッコ悪いやつがすること。

面白おかしく、感動のある人生を送ってほしいなと心から思います。

2015 12 13_HP 素材 081

The following two tabs change content below.
久野 和人

久野 和人

代表取締役有限会社リボン
有限会社リボン代表。
関西で販売員を派遣するセールスプロモーション業務を運営する一方、販売研修や管理職研修、接客実践指導、起業家コンサルティングを全国で展開中。

食品、日用品など数百社1,000アイテム以上のプロモーションに携わり、その中には無名メーカーの商品をわずか1年半で全国シェアNo.1にするなど実績は多数あり。また、女性スタッフを専門とした育成管理歴は20年にのぼり、カリスマ販売員・女性リーダーを多数輩出する。

趣味は楽器(ベース)を弾くこととルアー・フライフィッシング、読書、映画鑑賞。

このブログでは、販売やマネジメントに役立つ情報や日常からいろいろ気付かされることを書いていきたいと思います。
興味のある人は気楽に見ていってくださいね。
久野 和人

最新記事 by 久野 和人 (全て見る)

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket