反省してる暇などない【売場で役立つ接客ノウハウ】

今日も現場で販売。

小さな食品スーパーだったので、それほど多くの接客があったわけじゃないけど、それでも一日中店頭で接客をしているといろんな人に対応することになる。

いい人もいればありがたい人もいる。

その反面、面倒な人もいれば、嫌な人も・・・

でも、その都度傷ついたり、落ち込んだりしていたら仕事にならない。

売上にも確実に影響する。

だから、いちいち気にしてられないんですよ。

反省なんてしていたらダメなんです。売場では。

そんなのは家に帰ってから一人でやればいいんです。

店頭に立ってるときは、バッティングセンターみたいに来た球をただひたすら打つ(笑)

とにかく集中してカンカン打つ。

じっくり考えない。

じっくり考えるのは打席(店頭)に立つ前まで。

その日の課題を持って打席(店頭)に入る。

そして、打ちながら微調整していく。

終わったらその日のことを思い出して、自分に酔うなり、反省したりすればいい。

で、次はこうやってやろうと思うものがあれば、それを課題にしてチャレンジすればいいんです。

とにかく売場ではためらわずに接客すること。

だって、販売はライブだからね。

IMG_8617

The following two tabs change content below.
久野 和人

久野 和人

代表取締役有限会社リボン
有限会社リボン代表。
関西で販売員を派遣するセールスプロモーション業務を運営する一方、販売研修や管理職研修、接客実践指導、起業家コンサルティングを全国で展開中。

食品、日用品など数百社1,000アイテム以上のプロモーションに携わり、その中には無名メーカーの商品をわずか1年半で全国シェアNo.1にするなど実績は多数あり。また、女性スタッフを専門とした育成管理歴は20年にのぼり、カリスマ販売員・女性リーダーを多数輩出する。

趣味は楽器(ベース)を弾くこととルアー・フライフィッシング、読書、映画鑑賞。

このブログでは、販売やマネジメントに役立つ情報や日常からいろいろ気付かされることを書いていきたいと思います。
興味のある人は気楽に見ていってくださいね。
久野 和人

最新記事 by 久野 和人 (全て見る)

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket