自分の仕事に哲学があるか【プロが行く道】

どんな仕事でもどんな業種でも、プロフェッショナルと呼ばれる人がいる。

そして、僕がこれまで会ったプロ中のプロと呼ばれている人たちには共通して持ち合わせているものがある。

それは、自分なりの「哲学」を持っているってこと。

まあ、哲学って言っちゃうとすごく難しいように聞こえますが・・・

そういう人たちって、一つの仕事に長い年月をかけて誰よりも熱い気持ちでそれを追求している。

その結果、様々な経験から沁み出した考えや教訓を持っているんだよね。

だから迷いがない。

自分の仕事・人生・役割・・・そういう軸がしっかりしている。

机上の空論などいっさいない。

すべてがこれまでの実践から弾き出した答えなんだ。

だから、強い。

当然、何事においてもすごく有利になる。

まず、自分らしいベストな選択がためらわずできる。

無理がないからストレスもない。

やり直しやロスがない。

選んだチョイスにいつまでも気をもまない。

他人の目を気にしない・・・

だから、そういう人たちって仕事や人生が充実しているんじゃないかと思う。

人は仕事となるとお金に振り回されて、あれやこれやと中途半端にいろいろ手を出してしまいがち。

だけど、人間ひとりがやれることって知れてるからね。

自分の生きる道をしっかり決めてそれを極める。

そしてその道のプロとなる。

僕も仕事だけでなく、人生を充実させる意味でも、一貫したブレない「哲学」が持てるプロになりたいなと思います。

IMG_9507

The following two tabs change content below.
久野 和人

久野 和人

代表取締役有限会社リボン
有限会社リボン代表。販売員を派遣するセールスプロモーション会社の経営と販売研修講師や接客実践指導、売場コンサルティングを全国で展開中。
無類の音楽好き。趣味は楽器を弾くこととバス釣り、読書、映画鑑賞。このブログでは、仕事や趣味などから日々気付かされることを書いていきたいと思います。
時には役立つことや元気を与えることもあるかも(笑)
興味のある人は気楽に見ていってくださいね。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket