ストレスのないゾーンが自分の真価【幸せな経営】

よく小さな会社は「業種を絞りましょう」とか「ターゲットを絞りましょう」ということをビジネスでは唱えられることが定番になっていますよね。

でもこれ、頭でわかっているんだけどできないことが多い。

販売シェアやターゲットを狭めると儲けることができないのでは?

・・・と不安になっちゃうんですね。

あと結構、「自分はあれもこれもできるから」という思いも邪魔をしちゃう原因になっていたりする。

実際、できるっていうのはウソじゃないし。

僕は最近になってこれらに対して、『それにストレスがあるかないか』で対応するようにしています。

基本的に”できる”っていうのは自分が経験したことが中心。

いろんなお客様に接した経験。

いろんな作業をこなしてきた経験。

いろんな依頼をこなしてきた経験。

いろんなフィールドで活躍してきた経験。

ただ、この中でストレスを感じたものとストレスを感じずにできたもの(あるいは、やりがいを感じたもの)があると思うんです。

そのストレスを感じたものを排除していく。

すると違和感のない絞り込みができるように思うんですね。

ストレスを感じながらやる仕事と比較的ストレスを感じずにできる仕事では、必然的に得るものも違ってきます。

自分の心身や周りへの負担、ストレス、時間や作業ロス・・・

長く心身を打ち込んで、それを続けていくなら、これらがあるとないとでは自分の人生に大きな影響がでてくる・・・そんな気がします。

そしてその上で、比較的ストレスのないものに絞って、それをどうやって儲けにつなげるかといったことに必死になって知恵を出すのが小さな会社の醍醐味なんじゃないかって思っています。

綺麗ごと抜きでビジネスは儲けれないと続けていけませんからね。

絞り込むことで自分の力が存分に発揮できる分、それをどう価値付けするか?

これを突き詰めた向こう側に、はじめて面白い世界が広がっているんじゃないでしょうか。

いずれにせよ、今どんな状況にいても、明るい未来を考えながら楽しんで考えていきたいですね。

FullSizeRender (51)

The following two tabs change content below.
久野 和人

久野 和人

代表取締役有限会社リボン
有限会社リボン代表。
関西で販売員を派遣するセールスプロモーション業務を運営する一方、販売研修や管理職研修、接客実践指導、起業家コンサルティングを全国で展開中。

食品、日用品など数百社1,000アイテム以上のプロモーションに携わり、その中には無名メーカーの商品をわずか1年半で全国シェアNo.1にするなど実績は多数あり。また、女性スタッフを専門とした育成管理歴は20年にのぼり、カリスマ販売員・女性リーダーを多数輩出する。

趣味は楽器(ベース)を弾くこととルアー・フライフィッシング、読書、映画鑑賞。

このブログでは、販売やマネジメントに役立つ情報や日常からいろいろ気付かされることを書いていきたいと思います。
興味のある人は気楽に見ていってくださいね。
久野 和人

最新記事 by 久野 和人 (全て見る)

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket