*

自分にとっての必勝パターンを持つ

 

ネットや書籍でいろいろビジネスの情報を拾っていると、やれ「Facebookがいい」、「ブログがいい」、「メルマガだ」、「ニュースレターだ」、「いや、これからはそれら全部やらないとダメだ」といろんな主張がある。

 

まあ、どの意見も正解っていえば正解なんだろうけど・・・

これだけたくさんのツールがあると全部やるとなると結構大変だし、選ぶとなると迷っちゃうんだよね。

 

特にウチのように小さな会社では、社長は社長業だけやってればいいってものでもないんで、いくらいいと言ってもこれら全部やるっていうのはやっぱり難しいんだな。

(とはいうものの、最初はそれでもいろいろやってましたけどね;)

 

だから、いろんな挑発を無視して厳選する(笑)

 

自分(自分のビジネス)にとって何が一番有効か?見極めるんだよね。

 

 

これはどんな世界でも共通だと思うんだな。

 

音楽・・・たとえばギターでも、いろんな音楽ジャンルがあって、それぞれの奏法や解釈があるんだけど、プロでもその中から最終的に一番得意な(自分が感じる)ものを選んでやってる。

 

たとえ、どれも全部習得できたとしてもだ。

どれかに厳選して勝負しているんだな。

 

つまり、『自分にとっての必勝パターン』を持っているわけだ。

 

そして、余程大きなことがない限り簡単にそのスタイルを変えない。

そこが行動(表現)起点の軸になってるんだな。

 

ちょっとくらいおいしそうなものがあっても簡単に軸ごとフラフラ浮気したりしないんだ。

 

 

とまあ、話が横道にそれたんでビジネスツールの厳選ってテーマに戻すと、

 

ウチの会社を例でいうなら実績からいって、圧倒的なリピート率を誇る顧客サービスとしてのニュースレターが優先順位第一。

そして、次に収益を上げているのが新規を獲得するホームページ。

そしてそのホームページに深みや色合いを付けている(差別化できている)のがブログとYoutube・・・

と、なるんだよね。

 

10年の歳月をかけた中、これが一番しっくりくるんだ。

つまり一番利益を生んでる。

 

これが今のウチの必勝パターンなんだよね。

 

 

 

いろんな情報が飛び交い、いろんな便利なツールが生まれ、誰でも無料で出来る時代・・・

 

そういう時代だからこそ、何でもかんでも飛びつく人より、不動の軸を持って『自分にとっての必勝パターン』を早くつかめた人がビジネスも有利に展開していけるんじゃないかなって思うね。

 

 

だって、結局「何なにがいい」って言ってる人も、それは単にその人の必勝パターンを主張してるだけなんだからね(笑)

 

 

FullSizeRender (4115)

The following two tabs change content below.
久野 和人

久野 和人

代表取締役有限会社リボン
2005年10月に『店頭プロモーションに特化した広告代理店』有限会社リボンを設立。
事業にしても趣味のバンドにしても、個性あるカッコいいスタイルで、ファンに熱く支持されるものを作りたいと日夜爆進中(笑)
現在、全国の企業やイベント、商工会議所で販売に関するセミナー研修を展開中。
このブログでは、そんな日々の中で気付いたことや取組み、あと趣味の度を越えた音楽のことなどを綴っています。
時には役立つことや元気を与えることもあるかも(笑)
興味のある人は気楽に見ていってくださいね。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • youtube
  • feedly
  • livedoor
  • rss
店頭リサーチの重要性◎独自の販売方法を構築するために必要なこと

  弊社(有限会社リボン)では、店頭販売の請負業務以外にも

利益を運んできてくれるものかどうか客観視する

  2年前に患ったリューマチの状態もかなり良くなってきて、

接客話法注意点◎会話をかぶせない

  悪いクセって身についてしまうと中々治せない; それに

業績の上がる企業が持つ販売思考◎対応ではなく創造

  先日、「接客販売における身だしなみはお客様のためにでは

売れる芸人の恐るべきマーケティング

  先日読んだ本で強烈にインパクトがあったのが、これ。