*

自分と共有する人の間にだけある言葉

公開日: : 最終更新日:2015/04/29 未分類

 

ここ最近、仕事でいろんな企業の人と触れる機会がある。

そんな中で感じるのは、仕事に対してスゴクしっかりした人とそうでない人の差がどんどん開いてきてるなぁということ。

 

私もそんなに言えるほどしっかりしてはないんですが・・・;

でも、少なくてもある程度情熱はあるし、無責任ではない。(と、自分では思ってる 笑)

 

そりゃ~、経営者と雇われは違うとか言う人はいるけど・・・

そういうのって、雇ってる側だとか雇われてる側だとか、そんなの関係ないと思うんだよね。

 

そして、マズイことに「こういうのって社会情勢とかゆとり教育とかが原因なんだよね」って簡単に片付ける人が多い。

 

だけど、結構深刻だぞ。これ。

そんな他人事みたいな片付け方じゃこの先マズイだろって思うんだよね。

 

自社のスタッフを教育している中でも、よく感じるんだ。

もっと個人個人が日常的に気を付けるべきことが身近にあるはずだって。

 

 

『大人の言葉遊び』なんかもそう。

 

これは勝手に私がそう呼んでる現象なんだけだけど・・・

ネットが盛んになり、情報が氾濫し、ソーシャルでの交流が盛んになったこともあって、最近はよく他人の言葉を乱用して「言葉に酔ってる」んじゃないかなって人を見かけることがある。

 

たとえば、

「いい人をやめなさい」

「頑張れといわない」

「好きなことだけやりなさい」・・・等

 

言葉の理解力が深くて、人生経験もたくさんしてる人は、これらの本当の意味や使い方のさじ加減がわかっているからいいんです。

でも、どこかインテリぶってカッコつけたり、人の興味を惹くためだったり、薄っぺらな理解でこれらを使用すると、言葉の認識の浅い人やまだ人生経験の少ない人に悪い影響を与えかねないんじゃないかと。

 

だいたい、本来上のようなことは、

メチャクチャいい人だったり、

メチャクチャ頑張り屋さんだったり、

メチャクチャ好きなこと以外のことも笑顔でこなしてる人が、

”自分のよりよい人生への一部修正”のために使う言葉であって、

変に他人に言ったり、中途半端な人が”逃げ”で使うものじゃないと私は思うんです。

 

でも、人間は誰でも楽な方に流れたい生き物ですからね。

自分の都合のいいように解釈する人も多いんです。

 

現在、そういう人が多くなってるっていうのは、そういった言葉がいたずらに乱用されているのも原因の一つじゃないかなって思うんですね。

 

言葉の持つ力は大きいです。

そして、特に今は個人の言葉が一瞬で世界に広がる時代。

 

今後は個人の言葉の使い方や理解力が社会の成長度合を変えるものになるだろうなぁと思う今日この頃です。

 

 

IMG_8573

The following two tabs change content below.
久野 和人

久野 和人

代表取締役有限会社リボン
2005年10月に『店頭プロモーションに特化した広告代理店』有限会社リボンを設立。
事業にしても趣味のバンドにしても、個性あるカッコいいスタイルで、ファンに熱く支持されるものを作りたいと日夜爆進中(笑)
現在、全国の企業やイベント、商工会議所で販売に関するセミナー研修を展開中。
このブログでは、そんな日々の中で気付いたことや取組み、あと趣味の度を越えた音楽のことなどを綴っています。
時には役立つことや元気を与えることもあるかも(笑)
興味のある人は気楽に見ていってくださいね。
久野 和人

最新記事 by 久野 和人 (全て見る)

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • youtube
  • feedly
  • livedoor
  • rss
【雑学】顔は脳が作る

  生まれてこの方50数年・・・ 自分で言うのも

無駄という大事な行為

  何かをやろうとしたり、 何かを買おうとしたり

雨の日は晴れの日を楽しむためのもの

  季節の変わり目になると自然と雨の日も多くなる。

もっと大きな「好き」が待っている

  仕事柄、よく「好きなことを仕事にしなさい」とか「好

メガネの掛け替え時

  年を取ってきたからか、はたまた経験値が増したからか