ブッ壊してやりてえなぁ

ウチの会社は百貨店やスーパーの店頭に販売員を派遣するといった事業をやっています。

今年で10年目になるんだけど、正直業界は衰退期。

というか、崩壊期に差し掛かっているように思う。

実際、ここ数年で私の知っている範囲でも潰れている同業も少なくない。

ある意味危険と言えば危険な状態なんだけど・・・

ただ、今の状態はこの業界のこれまでのやり方にいかに問題が多かったかってことを意味していると思うんだよね。

事実、この業界って昔販売員やってた人があるきっかけで仲間を集めて独立し、その頃の人脈頼みで仕事を回してもらってるってケースがかなり多い。

何もそれが悪いっていうわけじゃないよ。

商売の形って色々あるからね。

でも、長い間仲間内で安直に仕事をもらっていた結果、それに胡坐(あぐら)をかいてるうちに、気付けば時代の流れが変わっていたんだと思うんだな。

今まで頼みの綱だった百貨店・スーパーも売上がガタ落ち、それにつれてメーカーも費用対効果にすごくシビアになってきた。

だから、マネキン派遣を利用する際にもスタッフの質(能力)が問われ、そこに問題があるようだと次からは簡単には仕事が増えない(リピートが来ない)。

今までのように「自動的に・・・」って感じでことが進まなくなってきているんだ。

まあ、バブル時みたいに「頭数合わせの単なる人運び」みたいな仕事ではもう満足されなくなったんだよね。

その上、今は派遣会社が何とか人員の質を上げたいと思って、求人募集を出しても簡単には人が集まらないといった「人材難時代」に突入している。

ちょっと資金がある会社でも『特別な研修もナシ、1日だけのド短期OK、日払いOK』といった、まるで「ゆとり教育」みたいな”簡単、楽”を売物にして長年人を集めてきたところはツライ。

だって、そんな釣り文句で人を集めても、それが目的で集まってきた人に「質」を問うには無理がある。

普通に頑張ってる人でもイッパシの販売教育を数時間で体得することなんて簡単じゃないんだよ。

それに大体、いくら教育ノウハウがあったとしても、1日だけしか勤務しない人にそんなことをやっていたら企業は儲けが簡単に飛んでいってしまうでしょ?

だから、どの道今までのやり方ではもう限界なんだってことです。

小手先のごまかしではどうにもならない。

いわゆる、変え時だというわけです。

実は俺、昨年の暮れに今までやってきた企業講演以外の自主セミナーなんかの活動は一旦停止して、その分自社内の変革に集中するって決めたんだよね。

それは今は書いたような状況から、この業界でこれからの十年を乗り切る仕組みをつくるのは今しかないって直感で感じたからなんだ。

もうせっかくだから、今までの常識をぶっ壊して、もう一ランク上の自分の納得する面白いものをつくってやろうと。

下剋上のチャンスは今しかないと(笑)

他にはない個性的な取り組みで、自分も利用する相手も納得できる質とシステムをもった会社。

それって考えたら、ゾクゾクするでしょ(笑)

それも崩壊期の今だからこそ面白いし、やりがいがあると思うんだ。

何ていうか、これにちょと使命みたいなものを感じちゃったんだな(苦笑)

だから、状況は厳しくても、そこにチャンスを感じれる自分に感謝してチャレンジを楽しみたいと思ってます。

我ながら面白い50代になりそうです(笑)

DSC00235

The following two tabs change content below.
久野 和人

久野 和人

代表取締役有限会社リボン
有限会社リボン代表。販売員を派遣するセールスプロモーション会社の経営と販売研修講師や接客実践指導、売場コンサルティングを全国で展開中。
無類の音楽好き。趣味は楽器を弾くこととバス釣り、読書、映画鑑賞。このブログでは、仕事や趣味などから日々気付かされることを書いていきたいと思います。
時には役立つことや元気を与えることもあるかも(笑)
興味のある人は気楽に見ていってくださいね。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket