楽しめる仕事こそ仕事

 

こういうタイトルを書くと、真面目な人からは「何言ってんだ!」っていわれそうだけど・・・

でもね、仕事が面白いって感じれるとどれだけやっても疲れない。

 

それどころかどんどんのめり込んでしまう。

もう休んでるよりガンガン働きたくなる。

 

ウソみたいに聞こえるかもしれないけど、ホントなんです。

 

たとえば・・・

今、久しぶりにニュースレターをお客様に送ろうと自分で作っているんだけど、これがやめられない。

 

もうね、「これ送ったらどんな反応があるだろ?」とか、「あの人は喜んでくれるかな?」「このコラムはあの人は絶対反応してくれるぞ」なんて考えながらやってるんだけどね。

 

そういうお客さんが喜んでるのを想像しながらやってると楽しくて時間があっという間に過ぎてしまう(苦笑)

不思議と徹夜しても爽快なんだ。

 

それに比べて、仕事が面白くないとお客さんを喜ばすどころか、まず自分を快適にしたいということが思考のメインを占めてしまう。

 

”客向き”にならないんだよね。

自分の事だけで精一杯なんだ。

 

自分を喜ばすことを常に考えてるのと、お客さんを喜ばすのを常に考えているのでは、当然結果は違ってくる。

 

だって、商売は人を喜ばせた代償にお金をもらえるわけだからね。

 

「仕事」って人に仕えることって書く。

だから、人を喜ばすことを楽しめる人はどんどんお金もやってくるんだよね。

 

自分の仕事の面白みを追及する・・・

 

これって人生を楽しく過ごす上ですごく重要なことなんだよね。

 

IMG_8037

 

The following two tabs change content below.
久野 和人

久野 和人

代表取締役有限会社リボン
有限会社リボン代表。販売員を派遣するセールスプロモーション会社の経営と販売研修講師や接客実践指導、売場コンサルティングを全国で展開中。
無類の音楽好き。趣味は楽器を弾くこととバス釣り、読書、映画鑑賞。このブログでは、仕事や趣味などから日々気付かされることを書いていきたいと思います。
時には役立つことや元気を与えることもあるかも(笑)
興味のある人は気楽に見ていってくださいね。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket