ある馬鹿のひとり言

元来だらしない性格なので、やる気が出ない時に無理に何かを達成できるタイプではない。

ただ、ある状況が整えば別。

それが、いわゆる「締切」というやつ。

これがあると、ほとんど下等動物のごとく条件反射で帳尻が合う(笑)

また、それまで一切アイデアが出ずに行き詰っていた問題でさえも不思議とすんなり解決できたりするから恐れ入る。

 

もうここまでくれば一種の得意技と言ってもいいんじゃないだろうか?

きっと俺のために「締切」というものは生まれてきたんじゃないか?

思わずそんな事さえ考えてしまうほどだ。

 

そんな人間が起こるかどうかもわからない先のことで心配するということ自体がナンセンス。

 

だいたい不安を感じたところで何かコツコツ手を打てるわけじゃない。

そんなことは小学時代の夏休みの最終日を思い出せばすでに証明済みじゃないか。

 

「そう、だからもうあきらめましょう。

あなたは今そんなこと考えてても無駄です。

馬鹿なんだから目の前のこと一生懸命やって楽しんでりゃいいんです。」

 

きっと、神様もそう言ってるに決まってる(苦笑)]

 

 

しょうがねぇなぁ。

まあでも、大丈夫かもしれない。

だって、いままでもいろいろあったけど結局何とかなってるから(笑)

 

 

きっと、神様も馬鹿には馬鹿なりの力を与えてくれてんだよ。

ほら、よく言うアレ。

 

「火事場の馬鹿力」ってやつ。

 

 

せっかく便利な力与えてくれてるんだからもうフルに活用しないと。

 

だから、しょうもないこと考えてないで今を楽しむ。

これにかぎる。

悪いこと考えててもいいことなんてないからね。

 

 

さっ、もういいかな?

じゃあとっとと悩むフリはやめて今日も一日目いっぱい楽しみましょう!

 

心配しながらの夏休みなんて面白くもなんともないからね(笑)

 

 

__ (43)

The following two tabs change content below.
久野 和人

久野 和人

代表取締役有限会社リボン
有限会社リボン代表。販売員を派遣するセールスプロモーション会社の経営と販売研修講師や接客実践指導、売場コンサルティングを全国で展開中。
無類の音楽好き。趣味は楽器を弾くこととバス釣り、読書、映画鑑賞。このブログでは、仕事や趣味などから日々気付かされることを書いていきたいと思います。
時には役立つことや元気を与えることもあるかも(笑)
興味のある人は気楽に見ていってくださいね。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket