意外にシャイなやつなんだよな、お前

 

時に表面上の勝利には何も価値はなかったりする。

 

 

たとえば、相手よりも便利な道具を使えるって場合。

もう勝って当然なわけ。

あと、実力差がありすぎるって場合もそう。

そんな時の勝利に特別な価値を見出すのは難しい。

 

 

逆に、『負け(失敗)』の中に尊い価値を見つけたりするっていうのは結構ある。

惜しいところまでいったのに詰めの甘さが原因で負けたり、失敗の原因がその敗戦で明確にわかったりした時は、その時の結果は負けでもすごい価値があるんだ。

 

それがその後の人生の支えになったり、教訓となったりするからね。

 

 

よく「負けを知る者こそ本当の強さを得る」って言われるけど、ホントそうだと思うな。

 

そもそも勝利の価値って『負け』を経験しないと知ることができないようになってるじゃない。

だから、普段恐れられてるけど、『負け(失敗)』って意外にwelcomeなんだよね。

 

あと、俺思うんだけど『負け』って意外に頑固でシャイな娘なんじゃないかな?(何となくハクション大魔王のあくびちゃんをイメージしちゃうんだけど・・・)

よく考えてチャレンジ(実践)した人間には、特別に優しくこっそりと成功の仕方を教えてくれる。

でも、ロクに考えもせず、明らかに負けるのがわかってる相手に無謀なチャレンジを繰り返しているようなガサツな奴には何も教えてくんない;

もちろん、ビビってチャレンジしない奴にも。

 

そんな感じね。(わかるかなぁ?)

 

味方につけると百人力、でも敵に回すと手ごわい奴。

 

成功したいなら、このシャイな娘に気に入られるセンスも必要なんじゃないかって思うね。

う~ん、やっぱ男上げないといけないな、これは。(笑)

 

IMG_7670

 

The following two tabs change content below.
久野 和人

久野 和人

代表取締役有限会社リボン
有限会社リボン代表。販売員を派遣するセールスプロモーション会社の経営と販売研修講師や接客実践指導、売場コンサルティングを全国で展開中。
無類の音楽好き。趣味は楽器を弾くこととバス釣り、読書、映画鑑賞。このブログでは、仕事や趣味などから日々気付かされることを書いていきたいと思います。
時には役立つことや元気を与えることもあるかも(笑)
興味のある人は気楽に見ていってくださいね。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket