*

自分では気付けない不調の原因

 

昔いろんなお店で販売していた時に注意していたことがある。

それは「いかに好調を維持するか」ということ。

 

まあ、よくあるゲンを担ぐってこともやったし、お店につくまでの気分の高め方を考えたり・・・

いろいろやりましたけどね(笑)

でも、実際好調を保っている時って、毎回「新しいことにトライしている」・・・こういう姿勢がある時じゃないかと思うんだよね。

 

不調に陥る時って、マンネリ化してきているっていうのが原因になることが結構あるんだ。

 

人間だから、毎日機械みたいに同じことをしていると飽きてくる。

 

 

こういう場合、自分でも気づかないうちに思考回路が停止してしまってるんだよね。

それを打破するには、自分で考えて刺激を与えたり、いかに工夫をするかが大事になってくるんだな。

 

 

俺も当時は同じ商品を同じ系列の販売店で売ることが多かったから、気を付けないとすぐに飽きることになっちゃう。

だから、よくその日によって自分に課題を持って臨んだり、商品の並べ替えをすることで売れ行きを観察したり、食品ならば試食サンプルの作り方に工夫をすることなんかで新鮮さを保つようにしていたんだよね。

 

 

傍から見てる人には何も変わってないように見えるだろうけど、そんなのはどうでもいい。

要は人間新鮮さがなくなるとワクワク感がないんで、接客だとモロにそれが相手に伝わってしまうんだよ。

 

これはやったことのある人にしかわからないだろうなぁ。

 

 

だから、今自分でも不調の原因がわからないって人は、ちょっといつもと変わったことをしてみるのもいいんじゃないかと思うよ。

 

それが、直接作業に関することじゃなくても、たとえば髪型を変えるっていうのでもいい。

とにかく何か自分に刺激を与えてやる・・・それがいいと思うんだよね。

 

 

単に気分の問題って言えばそれまでだけど、その気分の問題って実は大きいからな。

 

所詮、人間なんてみんな気分で行動してるからね。

単純に気分がいいといい行動につながるから。

 

だから、お客さん以上に自分に気を使ってやるってことは実はすごーく大事なんだよ。

 

不調の原因って「自分を大切にできていない」ってこともあるかもしれないからね。

 

気をつけなきゃね。

 

 

FullSizeRender (36)

 

 

人間、いい時もあれば、悪い時もあるさ。

だけど、どんな時も目いっぱい楽しまないとね!!  んじゃ、また。      

by   イッキューひさの

The following two tabs change content below.
久野 和人

久野 和人

代表取締役有限会社リボン
2005年10月に『店頭プロモーションに特化した広告代理店』有限会社リボンを設立。
事業にしても趣味のバンドにしても、個性あるカッコいいスタイルで、ファンに熱く支持されるものを作りたいと日夜爆進中(笑)
現在、全国の企業やイベント、商工会議所で販売に関するセミナー研修を展開中。
このブログでは、そんな日々の中で気付いたことや取組み、あと趣味の度を越えた音楽のことなどを綴っています。
時には役立つことや元気を与えることもあるかも(笑)
興味のある人は気楽に見ていってくださいね。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • youtube
  • feedly
  • livedoor
  • rss
接客販売ノウハウ◎意外に損をする見落としがちな声質

  接客テクニックを身に着けて、コミュニケーション力もアッ

同じようにしか聞こえないのは○○が止まっている

  先日、新たにビートルズの「ホワイトアルバム」を購入。

自分自身にOKを出してやる

  「まだまだ足りない」 「このままじゃだめだ」 「あ

時に台風にも感謝

  台風が接近して気圧が乱れてることで今日は体の調子がイマ

デタラメな創業当初の話 その4 人生を変えるのは偶然の産物

  今日もここんところ立て続けに書いている創業当初の話を。