*

清い覚悟

 

昔から『これだ!』ってのを見つけたら、のめり込む性格なんだよね(苦笑)

 

最初に凝りだしたのは釣り。 小学1年の頃だな。

もっぱらサビキでの小アジや河川のオイカワみたいな小さいのばっかだったけど、とにかくかかった時のあの手元に感じる“ピリピリ”って振動がたまらなかった。

生命を感じるっていうかね。

とにかく快感だったんだな。 一気にのめり込んじゃったね。

 

 

どれくらいのめり込んでたかっていうと、小3の時にはすでに一人で朝5時の始発電車に乗って2時間かかる堤防まで釣りに行くっていうぐらい(笑)

 

毎週末、夏も冬も関係なく。

小さな体に竿とクーラーボックスかついでね。

 

あの~、別に友達がいなかったわけじゃないんだよ(笑)

友達とは平日学校帰ってから野球なりなんなりして一緒にガンガン遊んでた。

 

 

でも、土日はね。 釣りが第一優先。

好きな事だから一人でも全然気にならなかったな。

 

 

まあ、そういう子供だったからね。

大人になった今でも、面白いと感じることを見つけると一人で始めちゃう。

 

 

誰かが一緒にやらないとやらないなんてことはない。

衝動が勝ってるんだよね。

 

 

それに誰かと一緒だとその人のペースに合さないといけないこともあるでしょ?

 

そういうのってお互いが不幸。

温度差が違ったら特にね。

 

 

でも、一人で始めたことでも情熱持って面白がってやってると、それに影響される人が出てきて、気付いたら周りに「輪」ができてたりするんだ。

(実際、小学校の時も気付いたら釣りサークルみたいなものができてたしね)

 

 

そして、ビジネスもこれと全く同じだと思うんだよね。

 

 

未知の事や初めてやることって不安も多いんだけど…

結局、「自分一人でもやる」っていう覚悟を持った人だけが、人・モノ・お金を呼び寄せてるような気がするんだな。

 

そして、その覚悟の根っこにあるのが、その人が『これだ!』って思った理念であり、信念なんじゃないかなって思うんだ。

 

単にモノを売ってるだけのビジネスより、理念が繁栄されたビジネスの方がお客さんに与える影響は大きいからね。

 

 

そういえば、小学校の理科で習ったけど、台風の目って雲もない空洞だっていうじゃない。

余計なものは何もない清い空間。

 

きっと、周りに影響を与える人って、これと同じように頭の中は何の曇りもなくクリアなんじゃないかな?

だって、信念や理念に疑いがあったら人間動けないからね。

 

強い会社にはどこも一人でもやる覚悟を持った起業家の強い理念があるんだよ。

きっと。

 

IMG_7101

 

 

人間、いい時もあれば、悪い時もあるさ。

だけど、どんな時も目いっぱい楽しまないとね!!  んじゃ、また。      

by   イッキューひさの

The following two tabs change content below.
久野 和人

久野 和人

代表取締役有限会社リボン
2005年10月に『店頭プロモーションに特化した広告代理店』有限会社リボンを設立。
事業にしても趣味のバンドにしても、個性あるカッコいいスタイルで、ファンに熱く支持されるものを作りたいと日夜爆進中(笑)
現在、全国の企業やイベント、商工会議所で販売に関するセミナー研修を展開中。
このブログでは、そんな日々の中で気付いたことや取組み、あと趣味の度を越えた音楽のことなどを綴っています。
時には役立つことや元気を与えることもあるかも(笑)
興味のある人は気楽に見ていってくださいね。
久野 和人

最新記事 by 久野 和人 (全て見る)

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • youtube
  • feedly
  • livedoor
  • rss
【雑学】顔は脳が作る

  生まれてこの方50数年・・・ 自分で言うのも

無駄という大事な行為

  何かをやろうとしたり、 何かを買おうとしたり

雨の日は晴れの日を楽しむためのもの

  季節の変わり目になると自然と雨の日も多くなる。

もっと大きな「好き」が待っている

  仕事柄、よく「好きなことを仕事にしなさい」とか「好

メガネの掛け替え時

  年を取ってきたからか、はたまた経験値が増したからか