そりゃ~、勉強しねぇよ

 

子を持つ親同士でよくある世間話のひとつに「子供がゲームやYouTubeに夢中で全然勉強しない」といったものがある。

 

ウチの子たちも類に漏れずそうでした(笑)

 

 

でも、大の大人でさえもSNSばっかりやってて本業がおろそかになっている人もいるくらいだからねぇ(苦笑)

これは仕方ないことだとも思う。

 

 

そもそも子供が勉強しないのにも理由があると思うんだな。

 

まず、時代の変化がすさまじい;

ほんの十年前とでは価値感が全然違ってる。

 

僕らの子供のころは勉強していい会社に入ると将来が安泰みたいな風潮が主流だった。

 

でも、今は大手企業に入ってもとても安泰とはいえないし、終身雇用制も崩壊、その上なかなか出世も見込めない。

公務員でさえ待遇が低くなったり、肩身が狭かったりする。

 

 

必死に学校の勉強をしても行く先に魅力がないんだな。

 

 

その一方、YouTuberなんて職業で大金を儲けている人もゴロゴロいる。

また、数年後にはゲームがオリンピック競技に認定されるという。

 

 

そういうのを今の子供たちは知ってるんだよね。

そりゃ~、勉強せんわな(苦笑)

 

 

だから、学校教育ももっと現実社会に即した実践的なものにした方がいいと思う。

 

その方が才能を埋もれさせなくていいし、努力の意味もわかる。

早い段階で自分の適性にも気付けるし、落ちこぼれも減るだろう。

きっと、先生も楽だ。(まあ、その頃は先生の資格も今とは違うだろけど)

 

親にとっても多少はアホみたいに高い学費を払う意味が出てくるってもんだ。

 

少なくても社会に出て意味をなさないものにいつまでもしがみついていては、子供にそっぽを向かれるのは当たり前なんだよね。

 

 

子供に見切られてるんだよ。

だから、ゲームやYouTubeに夢中で勉強をしない子が実はマトモなんだよね(笑)

 

 

時代の変化に対応しなきゃビジネスの業界では生き残れないなんていわれるけど・・・

近い将来、社会に出てくる子供を扱ってる学校はもっと早く変革しなきゃマズいんじゃないかな?

 

そんなことをふと思う今日この頃です。

 

The following two tabs change content below.
久野 和人

久野 和人

代表取締役有限会社リボン
2005年10月に『店頭プロモーションに特化した広告代理店』有限会社リボンを設立。
事業にしても趣味のバンドにしても、個性あるカッコいいスタイルで、ファンに熱く支持されるものを作りたいと日夜爆進中(笑)
現在、全国の企業や団体、商工会議所等で販売に関するセミナー研修も展開中。
このブログでは、そんな日々の中で気付いたことや取組み、あと趣味の度を越えた音楽のことなどを綴っています。
時には役立つことや元気を与えることもあるかも(笑)
興味のある人は気楽に見ていってくださいね。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket