*

振り返った時に語られる宝物

 

学生時代の部活、アルバイト先、社会に出てからの仕事関係・・・

 

 

過去、それぞれの環境で“先輩”という存在があった。

この“先輩”という存在・・・『自分よりちょっと先行して生きている経験者』という立場なので、物心ついた頃の異性の事から社会に出た時の仕事のことまで、何でも事細かに教えてくれる、とてもありがたーい方々なのだ。

 

そして、当然起業してからもこの先輩と言われる方は存在する。

いわば、その業界の先駆者だ。

 

 

それまで組織に守られていた立場の人間が、ある日一念発起して起業家として独立する。

すると、いきなり今まで足を踏み入れたこともない、食うか食われるかの未知の大海原に放り込まれる。

そんなわけだから、起業してからいい先輩を持つのと持たないのとではやっぱり先々雲泥の差がついてくるんだよね。

 

 

ただ、前にも書いたけど、俺の場合は全く未経験の業種で起業したので、最初は右も左もわからない状態だったんだ。

そんなわけだから、もちろんいろいろ教えてくれる気の利いた先輩なんていなかった。

当時はとにかく自分が知ってる知識とその関連のビジネス書を買って読み漁って何とかかんとかやっていた感じだったんだよね。

 

 

でも、起業して2年がたったある日、ちょっとしたきっかけで、ある“先輩”と出逢うことになったんだ。

それが、東京で同じように販売員の派遣をしている社長で、当の本人も実演販売のカリスマとあがめられるT氏。

かたや起業2年目の業界無知人間の俺と業界歴20年で雑誌にも掲載される大ベテラン。

 

 

でも、年は同い年だったんだよね。俺とT氏。

だから、初対面でもぶっちゃけで話せたのかもしれない。 今思えば。

 

当時自分なりに頑張って試行錯誤しながらやってはいたけど、まだ全然経営は思うようにいってなかったからね。

そん時だよ。 「久野ちゃんも現場入りなよ。」って言われたの。

 

 

それまでは取引先探すのに必死で営業と経営しかしてなくて、自分が売場で販売することなんて考えてもいなかったんだ。

「だって、俺社長だし。」なんてわけわかんない理由で逃げてたし(苦笑)

 

だって、売れなかったらカッコつかないでしょ?

ヤバいよ。

雇っているスタッフに「社長、ダッさー」なんて思われるんだから。

もうね、心で激しく葛藤よ。

 

 

でもね、かたや同い年で年商数億、それでもってカリスマ販売員・・・

何かね、うん。

ちょっとやったろうかななんて思っちゃたんだよね(笑)

 

 

それからだよ。

自ら売場に入ることになったのは。

 

でも、現場に入るようになったおかげで、業界のことや売れる売り方がすごくわかりだしてね。

おまけに社長が同じように売場で販売してるってんで、スタッフの意識も変わって、レベルの底上げにもなったし。

随分変わったんだ。

 

 

正直あの一言がなかったら、今頃ウチの会社もどうなってたかわかんないよ。

ホント。

 

 

まあ、冷静に考えてみれば同業の後輩にノウハウなんて渡すと自分が不利になる可能性もあるわけだから、それが本音で語られる場合、聞く側は考える間もなく、素直に従うだけなんだけどね。

でも、起業家って意外と先輩の言うこと聞かないんだ。

自分が大将だからかな?

 

 

俺もあれ以降、煮詰まってる同業の社長にはことあるごとに「現場入った方がいいよ」って言うんだけど、ほとんどやらないもんね。 みんな。

(まあ、偉そうに言っている俺もそうだったけど 苦笑)

 

 

でも、隠してるわけでも何でもないんだよ。

大体、他に楽でいい方法があるなら、上手くいってる諸先輩はみんなとっくにそれやってるでしょ?

だって、同じ道走ってきてんだもん。

 

 

先駆者が利益度外視して、振り向きざまにつぶやく言葉って、その人がこのフィールドで生き残ってきた術だからね。

貴重な金言なんだよ。

 

だから、良い子はあまり軽く扱わないように。

現状に不満があるなら、四の五の言わずに一度ちゃんと膝つき合わしてみなって。

 

 

そしたら、びっくりするくらい世界が変わるってこともあるから。

今まで自分がどれだけ頭だけで考えてたか痛感するぞ。

 

だってさ、言った先輩でさえも、ちょっと前までは今のあなたがいるところとそれほど違わないところを通っていたはずなんだからね。

 

__ (101117)

 

 

人間、いい時もあれば、悪い時もあるさ。

だけど、どんな時も目いっぱい楽しまないとね!!  んじゃ、また。      

by   イッキューひさの

The following two tabs change content below.
久野 和人

久野 和人

代表取締役有限会社リボン
2005年10月に『店頭プロモーションに特化した広告代理店』有限会社リボンを設立。
事業にしても趣味のバンドにしても、個性あるカッコいいスタイルで、ファンに熱く支持されるものを作りたいと日夜爆進中(笑)
現在、全国の企業やイベント、商工会議所で販売に関するセミナー研修を展開中。
このブログでは、そんな日々の中で気付いたことや取組み、あと趣味の度を越えた音楽のことなどを綴っています。
時には役立つことや元気を与えることもあるかも(笑)
興味のある人は気楽に見ていってくださいね。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • youtube
  • feedly
  • livedoor
  • rss
持ちつ持たれつの精神【いい仕事仲間に恵まれるための心得】

  僕には尊敬する人がいます。   昔から店

【販売スキル向上の必須条件】知識だけじゃ感動は作れない

  僕はよく販売員の研修や個別指導で「ビジネス書もいいけど

【店頭販売テクニック】リピートさせる秘訣は”吟味させる”こと

  お客様がある商品をリピートするにはいくつかの要因が

知らない世界の方が圧倒的に広いんだぜ

  突然ですが・・・ 僕は普段滅多に過去を振り返

人生を変える作品に出会って思うこと

  いや~、1か月ぶりのブログ更新です ^^;