*

僕のブログの決まり事

 

このブログを開設してもう3年目になります。

 

3年前というと、ちょうど脳梗塞、心筋梗塞という大きな病気を患い、療養することになった頃。

その時に以前書いていたアメーバブログを読み返してみたら、何ていうかすごく違和感・不快感があったんですね。

 

簡単に言うと「つまんねぇ~」と・・・(苦笑)

 

で、新しく立ち上げたのがこのブログというわけです。

 

 

だから、このブログを開設する時には『ある決まり事』を設定しました。

 

当然、ごくごく個人的なことですが・・・

 

1)上からものを言わない

2)変に読者をあおったり、人を持ち上げたりしない

3)自分の体験に基づいたものを書く

4)自分の言葉で書く

5)自分のペースで書く

 

といったこと。

 

 

1)は第三者として読んでいてちょっと不快感を感じちゃう。

個人的にはその人がどれだけその分野で偉くてもあまりかかわりたくない。

時に断定の言葉を使うのはいいけど、使い方には注意(配慮)した方がいいなと思ったんですね。

 

2)はビジネスでSNSを活用する人によくある傾向なんだけど・・・

確かにお金儲けをやるんだから多少いろんな心理術や数字のマジックを活用することはある。

でも、変に多用すると品がないというか、さもしさが出ちゃうんだな。

 

3)はどっかで書いてるようなものを引っ張ってきて、専門的なことや理論や理屈を理路整然と書いているブログはたくさんあるから、自分の分野のことを書くときはそういうのじゃなくて実体験に基づいたものを書こうと思ったんだよね。

その方が個性も出るし、それぞれ違った見方もできると思うし。

セミナーでもそうだけどやっぱり実体験談が聞きたいからね。

 

4)は 3)とも少し被るんだけど、自分の言葉で書いていないブログって存在意義はあるのかなって・・・

ホームページと違って”その人”がどんな人か見えてこないと共感できないし。

特にビジネス的にも運用しているブログだったらやっぱり自分の言葉でないとプロじゃないと思うしね。

 

5)は必要以上に自分にノルマ掛けしない方がいいかなと(笑)

不真面目な方が読者登録してくれている人も楽なんじゃないかって。

まあ、気ままな更新だとファンは出来にくいかもしれないけどね。

それでも、無理やり本意でない記事を届けるより、自分のためにも読者のためにもその方がいいんじゃないかって思ったんだよね。

 

 

ということで、たま~にこれらが守れているか過去のブログを読み返すこともしています。

 

以前のアメブロが2年で1,000記事書いたのに対して、今回は3年でようやく500記事更新。

まあ、超ゆっくりペース(笑)

 

でも、ただ夢中で書いていたころと違って、決めたこともそこそこ守れている感じだし、まあまあかなと。

 

最近はちょっとやる気が出てるのでこうやって毎日更新していますが、こういう時ほど忘れがちになるので自戒を込めて書いてみました。

 

これからも記事のクォリティー云々は別として、10年後に見ても「まあ、いいんじゃない」って自分で許せる程度のものが書ければなと思っています。(まあ、無理だろうけど 笑)

 

では。

 

The following two tabs change content below.
久野 和人

久野 和人

代表取締役有限会社リボン
2005年10月に『店頭プロモーションに特化した広告代理店』有限会社リボンを設立。
事業にしても趣味のバンドにしても、個性あるカッコいいスタイルで、ファンに熱く支持されるものを作りたいと日夜爆進中(笑)
現在、全国の企業やイベント、商工会議所で販売に関するセミナー研修を展開中。
このブログでは、そんな日々の中で気付いたことや取組み、あと趣味の度を越えた音楽のことなどを綴っています。
時には役立つことや元気を与えることもあるかも(笑)
興味のある人は気楽に見ていってくださいね。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • youtube
  • feedly
  • livedoor
  • rss
息苦しい社会での対処法

  人はみなそれぞれ持っている基準が違う。  

安易に与えることが相手のためになるわけではない

  安く買い物できると嬉しいと人は言う。  

経験でしかわからないことは経験でしか伝えられない

  自分が親になってはじめて両親の偉大さがわかるように人間

一人の販売員が持つ計り知れない影響力

  今朝、何気にポストをのぞいてみたら、いつもスーツを買っ

肝心なのはいつでも度合い

  世間では真面目なのはいいことといわれる。 確かに仕事