*

デタラメな創業当初の話 その4 人生を変えるのは偶然の産物

 

今日もここんところ立て続けに書いている創業当初の話を。

 

<関連記事>

デタラメな創業当初の話 その1

デタラメな創業当初の話 その2

デタラメな創業当初の話 その3

 

 

さて、前回書いたように国民金融公庫(今の日本政策金融公庫)から300万の融資を受けて、設立8ヵ月目に実家の二階から念願の事務所を阪神尼崎の近くに借りることになりました。

そして、同時に社員も2人雇用。

 

何だかちょっと会社っぽくなってきたんだよね。

 

そもそもなぜ事務所を尼崎にしたのかって言うと、当時のクライアントのほとんどが阪神間だったから。

それに大阪と神戸の中間だから派遣スタッフも集めやすいかなって思ったんだよね。

 

今から考えたら、この時が一番デカい事務所だったよなぁ。

バカだよねぇ。儲かってもいないのに(苦笑)

 

 

もう大金が入って本当に気が舞い上がっていたんだと思います。

 

 

ただ、当たり前だけど借金すると毎月返済が待ってる。

人も雇ってるから給与も払わなくちゃいけない。

 

だから、通帳見てあわてて営業に走ってた。それが、この頃。

 

 

当初はホテルやレストランの配膳スタッフの派遣だけで行くつもりだったんだけど、これがなかなか難しくてね。

仕事が思うように取れないのもあるし、取れてもスタッフが集まらなかったりで。

 

そうこうしてるうちに返済もあるしで、だんだん経営が苦しくなっていくんだな。

 

しょうがないからってんで、この際どんな業種でも派遣ならやろうっていろんな業種に片っ端から飛び込み営業かけていったんだ。

 

 

いろいろ行ったよ。

ホテル、レストラン、工場、倉庫、事務、引っ越しっサービス・・・求人広告に載ってる会社(人材が不足している会社)にどんどん行った。

 

 

その頃は、マーケティングなんて全く知らない;

ターゲットや戦略なんてないし、企業理念さえない。

 

もう、めちゃくちゃ。

節操なんてあったもんじゃない(笑)

 

ただ目の前のお金だけを追っかけてましたね。

とにかくあるのは根性だけでした(苦笑)

(ちなみに当時はブログも一部の先端の人しかやっていなかったし、ホームページの無料サービスやSNSなんてものもなかった。それに今みたいにパソコン触れなかったからね僕は。だから集客は足でするしかなかったんだよね)

 

 

でも、実績もないし、いざ商談となっても向こうの専門的なことは何もわかってないのがすぐにバレちゃうから全然ダメだったんだよね;

 

だからって、あきらめてたら終わっちゃう。

 

 

そうこうしているうちに、ある地元の食品会社に飛び込んだんだ。

 

 

そしたら・・・

 

 

偶然学生時代のバンド仲間が働いていたんだよね。そこに。

 

 

 

 

「あれっ!お前なにしてんねん?」から始まって、会社の休憩室で話しさせてもらったんだな。

 

で、いろいろ事情を話してみたんだけど、そこでも社内では派遣使ってないからって言われて・・・

しょうがないなって帰りかけたんだけど、その時

 

 

「立ちんぼやったらやってるけどできる?」って言われたんだよね。

 

 

「立ちんぼ?」って聞いたら、「あぁ、スーパーとかでやってる試食販売の仕事」って。

 

 

モチ、断る理由なんてない。

見たことがあるっていうだけで「(知ってる=)できるよ」と(笑)

 

また、性懲りもなく軽々と受けてしまったんだよね(爆)

 

 

もう、事務所に帰ったら即求人募集出して、その足でスーパーに偵察に行ったりして。

何とかものにしようと必死で情報集めをしていました。

 

 

でも、そこから劇的な奇跡が起こったんですよ。

 

ナント、求人広告を出した一発目に応募してきた人が以前他の会社で販売指導してたって人でね。マネキン販売のプロだったんだよね。

 

 

それでも結構年配の方だったし、業界のことよく知らないんで大丈夫かなと思っていたんだけど・・・

 

とりあえず試験的にもらった4件の試食販売の仕事に入ってもらったら全部見事に完売させちゃってね。

それまで頼んでたマネキン紹介所よりいいってメーカーさん大喜びで。

 

僕も調子を合わせて「当然ですよ」なんて鼻膨らませて言ったりして(アホだ 笑)

 

それがきっかけでそのメーカーから毎月20件くらいの受注をいただけるようになったんです。

 

 

うん。そう。

これが僕(ウチ)の店頭販売の始まりなんだよね。

 

ええ。全くの偶然の産物なんです(笑)

 

 

今思えば、仕事に呼ばれたのかもしれないなって思うけど・・・

当時はまさかこれが自分の事業の核になるだなんて考えもしませんでした。

 

 

まあ、人生ってそんなものなのかも知れませんね。

 

自分の知識や考えなんて広い世界からすればチリみたいなもの。

そもそもチャンスなんてそんな中にはない・・・そういうものなのかもしれないなと思えるようになったのは実はそれからずいぶん経ってからでした。

 

とりあえず運だけはあったようで(笑)

とにかく、ここでも人に恵まれて窮地を脱出することができたんですね。

 

まず、設立して最初の1年はこんな感じでした。

 

つづく。

 

最初に借りた尼崎の事務所。今の事務所の2.5倍はありましたね。若気の至りです;


The following two tabs change content below.
久野 和人

久野 和人

代表取締役有限会社リボン
2005年10月に『店頭プロモーションに特化した広告代理店』有限会社リボンを設立。
事業にしても趣味のバンドにしても、個性あるカッコいいスタイルで、ファンに熱く支持されるものを作りたいと日夜爆進中(笑)
現在、全国の企業やイベント、商工会議所で販売に関するセミナー研修を展開中。
このブログでは、そんな日々の中で気付いたことや取組み、あと趣味の度を越えた音楽のことなどを綴っています。
時には役立つことや元気を与えることもあるかも(笑)
興味のある人は気楽に見ていってくださいね。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • youtube
  • feedly
  • livedoor
  • rss
自分自身にOKを出してやる

  「まだまだ足りない」 「このままじゃだめだ」 「あ

時に台風にも感謝

  台風が接近して気圧が乱れてることで今日は体の調子がイマ

デタラメな創業当初の話 その4 人生を変えるのは偶然の産物

  今日もここんところ立て続けに書いている創業当初の話を。

デタラメな創業当初の話 その3 地に足がついたものしか残らない

  少し前に書いた創業当初の話が好評(笑) 面白がってく

ロープレ研修 in ヤクルト東海地区販売研修

  3か月間にわたって実施してきた2017年度株式会社ヤク