客寄せパンダは何色? 【自分らしく生きる】

 

 

楽器を上手く弾くようになるには、まず好きなアーティストのコピーから入るっていうのが定石。

 

好きな曲をその通り弾けるようにひたすら練習するんだね

 

 

でも、どれだけ片っ端からコピーしても憧れのアーティストと同じにはならない。

 

それどころか、やればやるほどどんどん遠ざかっていく気がする。

 


しょうがないんだよね。

だって、元々別人なんだから。

 


ただ憧れっていうのは、捉え方によっては結構厄介もの。

 

何たってこっちは完全に魅了されちゃってるわけだから、それが一番正しい(正解)と勘違いを起こしてしまいがちなんだな。

 

 

ひどくなると、気付かないうちに自己否定になっちゃって人生の楽しみを見失うなんてことにもなっちゃってたりする。

でも、他人と違っていることにはちゃんと意味があったりするんだよね。

 

 

ほら、動物や昆虫にはそれぞれ体色ってあるじゃない?

 

ライオンは茶色、カエルは緑色、蝶々は黄色とかさ。

あれもそれぞれ意味があるんだよね。

 

敵から身を守るためとか、食料を捕獲しやすくするためとか、体温を調節するためとか。


そうでないと生き残れないようになってる。

 


人間もそうなんじゃないかなって。

 


パンダがピンクと黄色でもそれはそれで可愛いかもしれないけど(笑)、長くは生きられない。

だって冬山の景色に対応して敵から身を守るためにあの色になっているし、目の周りの黒は目を守るサングラスの働きがあるっていうんだもん。(よく野球選手がデイゲームで目の下黒く塗ってるでしょ?あの働きらしい)

 

みんな元々持っている個性は武器だったり、護身に役立つもんだったりしてるんだね。

 

 

だったら人生楽しむためにもその個性は最大限に使わないとね。

 

捨ててちゃもったいないよ。

 


ちょっと話変わるけど、よく人の関心を惹くってたとえに「客寄せパンダ」っていうのがあるじゃない?

 

一体、どんな色したパンダが一番人を魅了するんだろうね?

 


俺思うんだけど、人気のあるパンダって、流行りや他人の評価に惑わされずに、やっぱりあるがままの白と黒じゃないかと思うんだけど・・・どう思う?(笑)

 

__ (9432)

 

The following two tabs change content below.
久野 和人

久野 和人

代表取締役有限会社リボン
2005年10月に『店頭プロモーションに特化した広告代理店』有限会社リボンを設立。
事業にしても趣味のバンドにしても、個性あるカッコいいスタイルで、ファンに熱く支持されるものを作りたいと日夜爆進中(笑)
現在、全国の企業や団体、商工会議所等で販売に関するセミナー研修も展開中。
このブログでは、そんな日々の中で気付いたことや取組み、あと趣味の度を越えた音楽のことなどを綴っています。
時には役立つことや元気を与えることもあるかも(笑)
興味のある人は気楽に見ていってくださいね。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket