一見意味のない仕事が意味するもの

 

自分のやりたいことや人生で「これだ!」っていう方向が見つかったときにダッシュできる・・・

常にそういう人間でありたいなと思う。

 

それには、普段から準備運動が必要。

 

一見無駄に思えるようなことや

とんでもない逆境や試練、

そして夢中になって打ち込むもの・・・

 

それらが方向性をとらえるアンテナを伸ばし、キャッチするセンスを磨き、必要な基礎体力を作る。

 

それらが出来上がってないとゴールまで走りきることができないからね。

 

いや、というか・・・

それらが出来上がってくるまで本気で走りたい方向性って見つからないのかもしれないな。

 

そんな気がします。

 

そう考えると日々の何でもないことや、

腹の立つ相手、

無意味に思えるような仕事も何だかいとおしい。

 

自分に起こること、出会うものすべてにはやっぱり意味があるんでしょうね。

 

さあ、9月もスタート。

今月もやることは満載!

片っ端から目の前のものを片付けて基礎体力を養いたいと思います(笑)

 

 

The following two tabs change content below.
久野 和人

久野 和人

代表取締役有限会社リボン
有限会社リボン代表。販売員を派遣するセールスプロモーション会社の経営と販売研修講師や接客実践指導、売場コンサルティングを全国で展開中。
無類の音楽好き。趣味は楽器を弾くこととバス釣り、読書、映画鑑賞。このブログでは、仕事や趣味などから日々気付かされることを書いていきたいと思います。
時には役立つことや元気を与えることもあるかも(笑)
興味のある人は気楽に見ていってくださいね。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket