*

それを体験したくてやってるんです

 

SNSをやっていると毎日すごい量の情報が入ってくる。

それこそ意味のある重要な情報から、どうでもいいことまで(苦笑)

 

とにかく、インプットされる量が数年前とはケタが違う。

だから、今は情報の処理能力も試されると思うんだな。

 

 

7年前、初めてアメブロをスタートした頃はこの情報量に混乱して、いろんな人の投稿を見ていると何だか自分がしょぼく感じることがあった。

 

隣の芝生は青く見えるっていうか・・・

 

遅れてる自分、

停滞している自分、

大きく変化のない自分、

 

そういう自分を他人と比較して焦ったり、めげたり、苛立ったり、妬んだりしている時期もありました。

 

 

でも、今はわかる。

比べたって意味ないんだよね。

 

 

だって、みんな生まれも育ちも違えば、育った環境も違うし、それぞれ性格も好みも得意なものも違うんだから。

 

ゼロから始める起業家と二代目三代目の経営者は違うわけだし、

貧乏に育った人もいれば裕福に育った人もいる。

性別も違えば、独身か妻帯者か、母子家庭か家族持ちかでもやれることも違ってくる。

その上、顔や姿かたちから好み・得意なものなんて、違いを上げればまさに天文学的な分類になる。

 

 

これは、

皆一人ひとり誰にも真似できない特性があり、

それをこの社会で活かす役割があるってことじゃないかと思う。

 

 

だから、情報に振り回されなくていい。

他人と比べて焦らなくていい。

 

 

むしろ、それがわかったところから自分の人生は始まるんだと。

 

 

何だかんだと言っても、所詮短い人生。

自分が体験できることなんて限界があるしね。

 

そして何より、

楽しいことも嬉しいことも、辛いことも、悲しいことも、

自分は今体験していることを体験したくて今世はその環境に生まれてきているんだってこと。

 

 

だから、勝ち負けじゃないし、競争でもない。

自分の今いる場所で向上心を持ってやるべきことをやる。

 

それが幸せへの一番の近道なんじゃないかと思います。

 

 

夕陽はどれだけきれいでも朝には見れない。

その時その場所でだけ自分の役割を持ってオンリーワンに輝く。

そして、その美しさは他には絶対真似できない。

だから、美しい。

 

多くの人に感動を与えることができる秘訣って実はそういうものなのかもしれないなと思う今日この頃です。

 

 

The following two tabs change content below.
久野 和人

久野 和人

代表取締役有限会社リボン
2005年10月に『店頭プロモーションに特化した広告代理店』有限会社リボンを設立。
事業にしても趣味のバンドにしても、個性あるカッコいいスタイルで、ファンに熱く支持されるものを作りたいと日夜爆進中(笑)
現在、全国の企業やイベント、商工会議所で販売に関するセミナー研修を展開中。
このブログでは、そんな日々の中で気付いたことや取組み、あと趣味の度を越えた音楽のことなどを綴っています。
時には役立つことや元気を与えることもあるかも(笑)
興味のある人は気楽に見ていってくださいね。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • youtube
  • feedly
  • livedoor
  • rss
店頭リサーチの重要性◎独自の販売方法を構築するために必要なこと

  弊社(有限会社リボン)では、店頭販売の請負業務以外にも

利益を運んできてくれるものかどうか客観視する

  2年前に患ったリューマチの状態もかなり良くなってきて、

接客話法注意点◎会話をかぶせない

  悪いクセって身についてしまうと中々治せない; それに

業績の上がる企業が持つ販売思考◎対応ではなく創造

  先日、「接客販売における身だしなみはお客様のためにでは

売れる芸人の恐るべきマーケティング

  先日読んだ本で強烈にインパクトがあったのが、これ。