向かい合っている場所で緊張しない人はいない

 

販売でも来店者と向かいあう時には緊張感がある。

面接や好きな人と向かいあう場合も同じ。

 

 

それは、良い結果を求めているから。

 

 

ところが、僕は研修や講演の本番でそれほど緊張しない。

ましてや『あがる』なんてこともない。

 

 

これは、良い結果を求めていないから(無責任だから)なのか?

 

 

よく本番で緊張しないとかっていうと「すごいね」とか「度胸が据わってる」とか言われるんだけど、本人は全然そんなことはないと思っている。

そういう時は大体、「昔にバンドをやっていて、いろんなステージに出てたから」といい加減な受け答えをしているが、実はステージではいつも緊張はしていたんだよね。

 

 

じゃあ、なぜ講演では緊張しないのか?

 

 

それが最近ようやくわかったんです。

 

 

実は、僕。

 

本番のずーーーーーっと前にとてつもなく緊張している時があるんですね。

 

 

 

それは、

セミナースライドを作成している時。

 

この時に異様に集中して、緊張しているのに気づいたんです(笑)

 

 

もうスライド作っている時には、

本番の会場を想像していろんなシュミレーションをするところから始まり、

 

出だしは何で、エンディングはどうすればいい?

どういった流れで伝えた方が理解が深まるのか?

ギャグはこれでウケるのか?

事例と要点の割合は? 時間配分は?

どこに落とし込むのか?・・・などなど

 

いつも終わった後はもうぐったりしてるんですね(苦笑)

アスリートが試合前にガチガチに勝利の瞬間のイメージを作る・・・そんな感じ。

 

だから、実は本番時はもうすでに1回やり終えた感覚なんです。

(チャンチャン♪ なんというオチ)

 

 

いや~、無責任だからじゃなくてよかったぁ~。

これで大手を振って講演業が続けられます(笑)

 

 

”向かい合っている場所で緊張しない人っていない”

まあ、僕の場合本番よりもっと前に向かい合ってたってことですね。

 

 

『本番に緊張しない人は別の時に緊張している』・・・ん~、これはなかなか面白い仮説かもしれませんよ(笑)

 

 

The following two tabs change content below.
久野 和人

久野 和人

代表取締役有限会社リボン
有限会社リボン代表。販売員を派遣するセールスプロモーション会社の経営と販売研修講師や接客実践指導、売場コンサルティングを全国で展開中。
無類の音楽好き。趣味は楽器を弾くこととバス釣り、読書、映画鑑賞。このブログでは、仕事や趣味などから日々気付かされることを書いていきたいと思います。
時には役立つことや元気を与えることもあるかも(笑)
興味のある人は気楽に見ていってくださいね。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket