持ちつ持たれつの精神【いい仕事仲間に恵まれるための心得】

僕には尊敬する人がいます。

昔から店頭販売でお世話になっている某クライアントの担当者だった方もその一人。

今は定年を迎えられてお会いする機会もなくなりましたが、人としての在り方から情熱までその方からは本当にいろんなことを学びました。

中でも感銘を受けた考え方の一つに

「仕事は持ちつ持たれつですよ」というものがあります。

「困ったときはお互い様という姿勢。これがない相手とはいい関係にならない」

ということなんですね。

当時僕はまだ起業して間がない頃でしたから、とにかく仕事を取るのに必死でどんな条件でも取れる仕事はすべて取っていました。

でも、ある時その方の営業先に対する姿勢を見て考え方を変えたんです。

その方はすごく営業のできる方でしたが、取引先の規模がどれだけ大きく、どれだけ有名であっても、「持ちつ持たれつ」の関係が結べない相手とは取引しませんでした。

数字上ではすごく会社に貢献できそうな取引であってもです。

改めて向こうから取引してほしいと言ってきても断っていました。

「いい関係を結べないところとは、いい仕事ができない。最終的にはお互いが疲弊するだけだ」ということがわかっておられたんですね。

仕事の情熱をなくす元凶

例外にもれず、振り返ればその当時のウチの社内はすごく疲弊していました。

その頃は自らガンガン営業活動もやっていたし、クライアントも結構ビッグネームが並んでいたんです。 売上も今の倍はありました。

でも、理念もポリシーもありません。

クライアントから一方的な無理難題も結構聞いていましたし、安売りのため薄利な仕事ばかりしていました。(それでもいいっていう人は別にいいんですけどね)

たぶん、不安だったんだと思います。

カッコつけたかったのもあったんでしょう。

ただただ、ひたすらお金を生むためだけに社内全員が流れるように労働をしていたんですね。

その結果、ついには起業当時から僕を信じてついてきてくれていた大切な仲間も離れていってしまいました。

これではクライアントとも、スタッフともいい関係を作るなんて夢のまた夢。

何のために存在している会社なのかさえわからない。

この時、自分が嫌になって、すごく反省したのを覚えています。

それをきっかけに会社は大きく方向転換。

そして今があります。

仲間という意識

会社を運営してるといろんな人に出会います。

いい人ばかりだと問題ないんですが、中には

馬鹿にしてるのか?っていうような問い合わせをしてくる会社、

表面上ではいいことを言っておいて口で実際やっていることは全然違うってお客、

自己の利のために無理を押し付けてくる担当者、

都合のいい時だけ寄ってくる人、

仕事を完全にナメてる人間、

恩を仇で返す者・・・など

ホント利害関係がからむといろんな人が来ます。

でも、昔はすごい腹が立ったけど、最近はそんな人が来ても一瞬で怒りが収まるようになってきました。

自分の中に軸を持てるようになったからです。

今はクライアントにしても、自社スタッフにしても僕は『仲間』だと捉えています。

仲間というのはお互い尊重する。

そして、より良い結果を出すために助け合います。苦しい時はお互い様です。

間違っている時にもものが言える。

また、目標を一つにできる。それが仲間です。

そうでない人・会社とは表面上の付き合いにしてあまり深くかかわらない。

そう決めています。

仕事での結果はいろんな条件や環境に左右されますが、ベースにこういうものがあるかないかでは長い目で見た時大きな差が出る・・・

そして、そういう間柄になれるような取り組みができているかどうか?

自己の利だけで考えてないか?

相手を偏見で見ていないか?

都合のいい言い訳で例外を作っていないか?

あれ以降はそんなことを考えるようになりましたね。

今、比較的いいクライアントやスタッフに囲まれているのも、元はこの「持ちつ持たれつ」の精神があってのこと。

『袖触り合うも他生の縁』とは言いますが、仕事を通じて縁をいただいたSさんには本当に感謝したいと思います。

The following two tabs change content below.
久野 和人

久野 和人

代表取締役有限会社リボン
有限会社リボン代表。販売員を派遣するセールスプロモーション会社の経営と販売研修講師や接客実践指導、売場コンサルティングを全国で展開中。
無類の音楽好き。趣味は楽器を弾くこととバス釣り、読書、映画鑑賞。このブログでは、仕事や趣味などから日々気付かされることを書いていきたいと思います。
時には役立つことや元気を与えることもあるかも(笑)
興味のある人は気楽に見ていってくださいね。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket