*

もっと大きな「好き」が待っている

 

仕事柄、よく「好きなことを仕事にしなさい」とか「好きな要素を取り入れなさい」といったメッセージを目にしたり耳にしたります。

 

確かに方向性や選択として、好きなことを仕事にするのは大事なことだと僕も思います。

 

 

だって、

好きなことはずっと続けられるし、

どれだけやっても苦痛じゃない。

それに苦しい時でも好きなことならまた立ち上がれるから。

 

 

ただ、

それが他人が喜び社会貢献になるものなのかどうか・・・

 

それはまた別なんだよね。

 

 

自分だけで完結できないんだな、商売は。

やっぱり相手あってのことだから。

 

数ある自分の「好き」の中から世間の需要との接点を見つけ出す。

この作業があってはじめてビジネスとして成り立つんだよね。

 

 

たまに、

「自分の選択ややり方が正解かどうかわからない」とか、

「今やっていることを続けるべきかどうか悩んでいる」といった相談を受けることがありますが、

 

僕はそういう時、

 

『納得できる相手からお金が生まれたかどうか』・・・

 

それを正解かどうかの見分けるポイントにしていると言っています。

 

 

たとえば、

このチラシはどうだ?

このホームページは?とか、

 

このトークは?

この企画は?

この身だしなみは?・・・と聞かれても、そこには大なり小なり自分の好みが反映されていますよね?

 

で、そのやり方である程度納得できる相手からお金が生まれるならそれは正解。

そうでなきゃ、不正解ってこと。

 

その方がわかりやすいし、考えも早く変えやすい。

 

大体、そういうジャッジができないといつまでも訳のわからないこだわりにしがみついてなきゃいけないし、自分の殻も破れない。

 

そうなっちゃうと、DVの被害者みたいになってややこしくなっちゃうんだよね。

だから、被害が大きくならないうちにダメなものはさっさと諦めた方がいいんじゃないかと・・・

 

ビジネスって、時にあきらめも肝心なんだな。

 

とにかく、

生活できるくらいのお金を生む(成績を出す)こと・・・そうなって初めてそれはビジネスとして認められるんだよなあと思っています。

 

 

「好き」は自分の幸せや向上になくてはならないもの。

でも、現実はなかなかそれだけでは食っていけない。

 

ただ、接点を見つけ、精度を上げ、研磨していけば、やがて今まで自分が知らなかった道が開けてくる。

そこには、自分が知らなかっただけでもっと別の大きな「好き」が待ってる・・・

 

自分の経験上、そういうものなんじゃないかと思います。

 

 

IMGP0797-544x306

 

2015 12 13_HP 素材 0151

2015 12 13_HP 素材 01r

The following two tabs change content below.
久野 和人

久野 和人

代表取締役有限会社リボン
2005年10月に『店頭プロモーションに特化した広告代理店』有限会社リボンを設立。
事業にしても趣味のバンドにしても、個性あるカッコいいスタイルで、ファンに熱く支持されるものを作りたいと日夜爆進中(笑)
現在、全国の企業やイベント、商工会議所で販売に関するセミナー研修を展開中。
このブログでは、そんな日々の中で気付いたことや取組み、あと趣味の度を越えた音楽のことなどを綴っています。
時には役立つことや元気を与えることもあるかも(笑)
興味のある人は気楽に見ていってくださいね。
久野 和人

最新記事 by 久野 和人 (全て見る)

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • youtube
  • feedly
  • livedoor
  • rss
【雑学】顔は脳が作る

  生まれてこの方50数年・・・ 自分で言うのも

無駄という大事な行為

  何かをやろうとしたり、 何かを買おうとしたり

雨の日は晴れの日を楽しむためのもの

  季節の変わり目になると自然と雨の日も多くなる。

もっと大きな「好き」が待っている

  仕事柄、よく「好きなことを仕事にしなさい」とか「好

メガネの掛け替え時

  年を取ってきたからか、はたまた経験値が増したからか