*

卒業します【独り言】

 

ここ数年、病気や身内の不幸、離婚、そして商売に直結する度重なる法改正などを経て、ようやく最近わかってきたことがある。

 

それは自分の生き方。

 

 

何かいきなり宗教チックで変だけど、正直今まで”魂の喜ぶ方向”がわからなかったんだよね。

本当に進むべき方向、やるべきことがわからなかった。

 

50年も生きていて。

 

 

正確に言うと、「わからなかった」ではなくて、「薄々わかっているけど、見ないようにしてきた」という感じかな。

俗にいう常識や他人の価値、とるにたらない責任にがんじがらめになっていて扉を開けずにいた。

 

そういう意味では、「見ないようにしてきた」というより「わかって、そちらに進むのがコワかった」ということだと思う。

常識や他人の価値に責任を擦り付けてきたんだな。

 

 

でも、幸か不幸か結構器用だし、真面目だから、そんながんじがらめの状況でも、これまでそれなりにいい人を演じてそこそこの生活を営むことができた。

 

ある意味大した才能だと感心する。

 

 

ただ、ずっと「?」が頭から離れない。

 

何でこんなしんどい思いをするんだ?

何でこんな奴の機嫌を取らないといけないんだ?

何でこんなに心がガサつくんだ?・・・

 

 

これ、ブレてるからなんだよね。

自信や確信がないから後回し後回しにして、本来歩むべき「自分の生き方」から逃げてる。

 

 

若い時に音楽で食っていきたかったのにケガを理由にそれを断念したのも原因かもしれない。

世の中をよくわかっていないうちに未経験の業種で起業したり、人を雇ったりしたこともあったのかな。

スタッフが女性中心だったのもあるかも。

 

 

いつからだろう?

ともかく逃げること、我慢することに慣れてしまったんだよね。

 

 

でも、もういいかなって。

 

 

 

だから、卒業することにしました。

ようやく。

 

 

すべてこれに気付くためのここ数年だったのかなと思います。

 

 

今はまだ何も状況は変わっていないけど、もうすでに3日前から中身は別人です。

 

 

だから、もうすぐ僕の世界からいなくなる人もいるでしょう。

今、疑問符がついている仕事も1年もすればなくなるでしょう。

 

でも、代わりに新しく出会う人が現れます。

そして、それに伴い新しい仕事もやってくる。

 

 

幸い「薄々感じながら生きてきた」ので、5年前からそういう人や仕事にも出会っていて、少しだけど流れや兆しもそちらの方向に向いているから俺はホントついてるなと思います。

 

 

まあ、いろいろあるけど、この人生に感謝したいなと。

 

 

ということで、勝手ながら今までの自分から卒業することにしました^^

こんな僕ですが、共感できる方は今後ニューバージョンの僕も可愛がってくださいね(笑)

 

以上、宜しくお願い致します。

 

ea9d44d7cc4ad28d51f0c87d71d00548_s

The following two tabs change content below.
久野 和人

久野 和人

代表取締役有限会社リボン
2005年10月に『店頭プロモーションに特化した広告代理店』有限会社リボンを設立。
事業にしても趣味のバンドにしても、個性あるカッコいいスタイルで、ファンに熱く支持されるものを作りたいと日夜爆進中(笑)
現在、全国の企業やイベント、商工会議所で販売に関するセミナー研修を展開中。
このブログでは、そんな日々の中で気付いたことや取組み、あと趣味の度を越えた音楽のことなどを綴っています。
時には役立つことや元気を与えることもあるかも(笑)
興味のある人は気楽に見ていってくださいね。
久野 和人

最新記事 by 久野 和人 (全て見る)

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • youtube
  • feedly
  • livedoor
  • rss
【雑学】顔は脳が作る

  生まれてこの方50数年・・・ 自分で言うのも

無駄という大事な行為

  何かをやろうとしたり、 何かを買おうとしたり

雨の日は晴れの日を楽しむためのもの

  季節の変わり目になると自然と雨の日も多くなる。

もっと大きな「好き」が待っている

  仕事柄、よく「好きなことを仕事にしなさい」とか「好

メガネの掛け替え時

  年を取ってきたからか、はたまた経験値が増したからか